2014年12月23日火曜日

小室淑恵「人口構造から見るゲー­ムチェンジの必要性」を200万住宅Blog的に読み解く。

共感するなぁ。
でもなかなか切迫しないと労働市場とか企業労働条件は変化しないと思うね。
その
切迫が始まるのが2015年(来年ね。)だと思っている。

今回の求職で考えたのは、
1,時間=コスト(金銭)ということ。
2,若い時と同じ労働は年々無理になる。(体力を基準に考えるとね。)
3,出来るだけ負債(借金やローン)は50歳代で0に近づけておく。
4,家庭維持の固定費は出来るだけ削減する。
(水道光熱費、通信費、固定資産税、自動車税&維持経費(保険、ガソリン代))
5,医療費の割合は年々増える。と想定しておく。(生命保険(医療保険)と
医療費と健康に体を保つ費用)
6,50歳代の後半までに今後20年−30年程度、住居費(住宅維持費)が負担に
ならないような住居へ改築または、建て替える。
7,一定の副収入の道を探り、確保しておく。(投資やフリーマーケットや
ネット販売やネットでの収入の道)
8,ネットだけでなく、地域の人との繋がりを少しづつ広めておく。
9,妻との精神的安定や互いの思いやりを維持し感謝し継続させる。
10,母親の健康維持に関して関与し、間合いをとった助けをする。


同業者で近所の企業の返事待ちの状態である。
通勤時間は、徒歩14分程度。車で5−6分程度である。

 転記


今でも
若い人は、飲み会などは余り参加したくない。(会社や地域)
長時間労働も介護や共働き、子育ても核家族(夫婦ふたり)ならもう無理である。

その中で、削れる時間となると通勤時間が
私の中では一番になった。
給与は、本当に田舎なので安い。が社会保険がつくなら安い中でも妥当だと
判断した。(もう少し給与金額は高い会社も何社もあったが、長時間労働になる
可能性が高かった。
ダブルワークは駄目だが、趣味の延長上の利益収得は許可内(労働法上もね。)
少しづつ、少しづつ良い方向へ転換させて行きたい。
(急激な転換は、副作用を伴うのでね。(笑 )
それと
2017年(3年後)団塊の世代が70歳台突入(団塊の世代の中間層)という
現実は、ちょっと怖いなぁ。
急激に介護人口が増えるということなのだなぁ。
この備えには、個人的には母親に健康でいて貰いたい。妻の両親も健全だから
元気でいてもらいたい。という希望的に願うしか無いかぁ?。

参照
小室淑恵「人口構造から見るゲー­ムチェンジの必要性」―人口ボーナス期から人口オーナス期へ | 日刊読むラジオ:

0 件のコメント:

コメントを投稿