2019年10月24日木曜日

高校時の友人から市民劇場会員の誘いがあった。(競争力が無いわ。)その2

一晩、寝て考えたら
アイデアなんか次から次と出てくるので一応記録しておく。(笑

1,演劇開催時に託児所を開設
開催1時間前から受付ー開催(演劇1時間程度。2時間とか現代の感覚では長いわ。
それだけ、観客を惹きつけられる力あるの?。)ー開催後1時間程度預かり。
(この間に買い物とか、観劇後の友人とのお茶などを)

子供を預けて、観劇出来るというのがポイント。

2,一年のテーマに「食事のある演劇」として
例えば、上演中の食卓の料理と同じものを観劇後、劇場(公会堂等)周りの
飲食店と提供して観客が観劇後食せる。
(お茶とお菓子でもいいよね。)
また
例えば、上演中に舞台でドーナツを食べる場面があると
入場時に配っているドーナツを観客も同時に食べるとかね。

3,地方都市なら駐車場問題は比較的都会と比べて解決しやすいから
1時間程度の市の市民劇場(あればね。)と連携して
シリーズものの演劇を1年通してやってみる。
双方の会員が行く事で、予定観客数がある程度見込める。

4,ショッピングモール(イオンとかね。)の空き店舗やイベントスペースでの
演劇をショッピングモールと組んで開催
(集客効果もあるし、観劇後の食事やお茶が便利。駐車場も解決。)

ね。いくらでも案は出てくるわ。(爆笑
が、わては、演劇とか観劇の方向には、ほぼ興味が無いわ。
時間とお金をつぎ込んでまでやる気は皆無です。

2019年10月23日水曜日

高校時の友人から市民劇場会員の誘いがあった。(競争力が無いわ。)

もう何年も前に一度誘われたのだが
「演劇とかそれを鑑賞する指向性が現在のわてには無いなぁ。」と
断っていたが
再度、昨日
お誘いがあった。
今回は
「まっ。1年程度なら会員になってもいいよ。で経過後、継続するか
判断するわ。でも多分、継続しないと思うわ。」と友人の顔を立てた。
時々は、人生は人の誘いに嫌嫌でも乗ってみる事にしている。
それが、思いがけない繋がりとか発見とか感動を呼ぶ事があるからね。

友人が、市民劇場の世話役になったから
まっ。その顔を立てるという事でもある。


1年は長いわ。半年程度にしてもらおうかと考えている。(笑
会費が月2,500円だし
3交代勤務なので、観劇できる回数も多分、3回あれば1回出来るか
どうかだからね。
(年に6回程度あるらしい。)
会員の減少と会の維持に悩んでいるのが電話越しからも
ありありとわかった。

でもね。
わてが思うに
会員になっての魅力が果たして月2,500円払う魅力があるか?。というと
疑問なんだよね。(若い子は特にコストパフォーマンスを気にする時代)

1,NHKの受信料もいろいろ言われているが
AmazonプライムとNetflixとKindle UnlimitedとYouTube PROこれらと
競合する時代なんですよ。
月額どれも1,000円ちょっと(アマゾンプライムは500円)
これに対抗出来る感動や多様なコンテンツを提供出来るか?。
無理でしょう。NHKでされお金をかけて多様なニーズに合わせようと
しているけど、無理だし強制的に受信料徴収しようとする姿勢に
反発を受ける。

2,少子高齢化だから、会員は減少する傾向になるのは
どの団体でもそう。それをどうやって止めるかに頭を使うべき。
知人や友人に繋がりで会員になってもらっても
それは繋がりの上での会員であって、団体の目指す方向とか
行動に賛同し共感し共に活動しようというのでは無い。

わてが考えるだけでも
例えば
1,年ごとにテーマを絞り
例えば「一人芝居の年」と称してパントマイムや一人芝居で
そこそこ有名な若手や老俳優を招致する。
(一人芝居ならかかる経費も少ない。)
そこで、前日くらいにワークショップを開く
「俳優(パフォーマー)が指導するストレッチ」とか
「演じる題目についての演者からの視点」の公演とか
他の演劇が趣味じゃない分野の人達を取り込む。(当然料金を取るが
その分翌日の演劇を割り引くとかする。)

他にも演題に関係するワークショップや
「演劇の照明から学ぶ家庭での照明」とか
「発音とコミュニケーション:とか
「舞台衣装と普段着の違いとコスプレ」とか
ほんと、演劇など興味無い人を呼び込む努力してるの?。

2,インスタグラムやTwitterやLINEやYouTubeを使って
集客やコンテンツを売ることや広告での収益の確保を図っているのか?。

3,地域を巻き込み時にはクラウドファンディングを利用しての
演劇会や地域演劇(映像や音や光)祭典などをしないのか?。

4,他の団体(例えば我が今治市ならサッカー団体(今治FC)とか
自転車団体(しまなみ海道を利用するサイクリスト等)との連携や
連帯をしないのか?。

団体の継続性を担保出来るようにするのが一番じゃないかなぁ。
今回、1年会員になるって言ったけど
一晩考えて半年だね。1年は長いし(わて、他にやりたい事溢れるほど
あるから時間無いわ。)1年=30,000円は、どう考えても高いわ。
行けない演劇の時は、もし譲れるなら会社の若い子に譲るわ。
(チケットを)
普段観劇などしない人も呼び込まないと
団体の未来は無いと思うわ。

2019年10月22日火曜日

久しぶりに投資(投機)の話をしよう。(戦う投資家の株破産記事より。その2)

その後の報道を見ると
ネタだろう。
いや、事実だろう。という意見が交錯している。

参照
闘う投資家、“株破産”で「5億円パリピ生活」から転落 「お金と人が離れていった」

【笑劇】戦う投資家こと久保優太氏の破産商法、無事失敗で幕を閉じる

あの当時の変動では、そんなに大きな損失は喰らわない。という意見もある。
(が、わては、あの当時の変動でも大きな損失は出ると思っている。)

ただ、ネタだろう。という意見の中の
フォロワー確保ユーチューバー転身という意見は
ワテ的には、この視点が、大きな注目点だった。
この間
LINE@で4個のアカウントで200万人のフォロワーを確保し
年収1000万円の高校生が拉致されID消去された事件があった。

ラインとかツイッターとかYouTubeでの広告収入は、わてが思っていたより
巨額になっているし、それにかかる経費は高校生でも始めることが出来る
ほど安価な世界になっている。
(ただ、アカウントによる収入というのは、不安定さが常にあり
アカウント削除リスクは大きい。)
100万、200万単位のフォロワーが存在すれば、広告料で巨額な収入を
得ることが可能となる。

参照
開設数 300万件以上。
誰でも簡単に始められるLINE公式アカウントで
店舗ビジネスを盛り上げましょう。

そのために炎上商法が試みられるとの事。

中学3年の時に父親の事業失敗は、わてと同じ環境やわ。(笑
今更ながら彼は人間不審になっているけど、中学3年の時にわてはなっているわ。

それと
いや、フェラーリや時計は売れるでしょう?。
設定価格が高いだけで、流動性が高い商品だから
わての知っているブローカーなどは、経営危機が噂されてどこも取引しなかった
老舗の問屋に高い掛率で販売していて、その収益をほぼ車と不動産に変えていたわ
で、その問屋が倒産した時に不渡り手形とか不良債権抱えたけど
車と不動産の一部を売って、悠々と経営維持したわ。
(倒産を噂されてから数年持ったから利益は結構大きな額になった。
賭けやね。数カ月で倒産されたら大きな損失被っていたと思うわ。)

投資家や投機家の一番必要なのは
「精神の安定性」だと思っている。
それが冷静な判断が出来るかどうかの基礎だから。

多分、まだ若いから復活する可能性は高いと思う。

参照当ブログ記事
久しぶりに投資(投機)の話をしよう。(戦う投資家の株破産記事より。その1)

避難所で拒否された非居住者の問題(匂いと服装なんだよねぇ。)

旅の生活のほうが、生活コストは安価になるんだけど(笑
旅の問題点は、台風時の避難所で拒否された非居住者の問題点とも通じる。

1,身なり
2,匂い

これなんだよねぇ。
これは、婚活している男達やオタク的趣味の男にも通じる点(引きこもり者も)

小さな住宅や建築基準法外の小屋では、バスルーム(風呂やシャワー室)を
どうするか?。でも悩む。(スペースの関係上)
野外にシャワーを持ち出すという手もあるんだけど
日本人で生まれたら、シャワーより湯船に浸かりたいという人の方が多い。
この点を含めて小屋の設計に悩むんだよねぇ。

過去、小住宅の構想で玄関と風呂を一緒にするという案をブログした
ことがある。(昔の200万住宅で)(笑

玄関は、コンクリートやタイル貼りが多いし
外出帰宅後、雨や汚れを落とす場所でもある。
1畳から2畳のスペースがある。
在宅時には、ほぼ使わないスペースである。
少し掘り下げて、そこに上下可動式のバスタブを入れ込む。
(または、天井に吊るし、使用時ダウン(下げ)設置して使うという方式も
あり。)
玄関ドアは、両面耐水加工し
シャワーカーテンを玄関天井にぐるりと回せるレールをつけ
シャワーカーテンの収納は玄関横の傘入れ兼長いサイズの収納庫に入る
ように設計する。
玄関横に棚(防水か、石材製)をつくり、そこに小さなトイレ用の
洗面器を設置。蛇口だけ伸縮可能なシャワーヘッドにする。
棚洗面器下にバスタブへの温水及び水の混合栓を設置。
これでいいんじゃない?。(笑 とか考えていた。
小屋の場合は、外に塀をつくってそこに入れ込むという方式をも
考えていた。(これも使用時、倒し出しての収納方式を構想)


わての旅は、歳とって2泊3日が最長の旅日数になっているから
1の身なりに関しては、
意図的に白いシャツや白いTシャツときちんと洗われた色落ちの少ない
ジーンズという服装にしている。(シャツは、ストライプなども着るが
基本清潔感を感じさせる色にしている。濃い色と柄物は、短期の旅ではあまり
着ない。)
汚れやすいし、汗などかくとすぐに着替えないといけないけど
これで、地元の特に女性や中高生の女の子には割ときちんと応対して
もらえる。

長い旅になると、グレーとか濃紺の色、赤系統(オレンジ等)の上着なども
着る。(冬の旅なども)

歳とって思うに、第一印象を割と人はその人の印象として継続して持ち続ける。
それを変えるには、結構大変。
(だから、挨拶も大事なんですよ。)

それと旅では、洗濯した古い下着を着ていって、2日目位に新しく買った
下着に着替えて、古い下着は捨てる。という手順をとる事も多い。


2に関しても
毎日、最低でも体を拭くという行為は必要。だと感じている。
結婚して友人に言われた「小奇麗になったわ。」という言葉は
なるほどな。シャワーだけでなく毎日風呂に嫁の命令で強制的に
入るようになったわての心に今でも響いているわ。(笑

からだのにおいを防ぐ薬用石鹸 110g
ユゼ
内容量:110g
サイズ:62*32*116(mm)
フラボノイドでデオドラント。ニオイが気になる方におすすめの石鹸。医薬部外品。
価格: ¥782 アマゾン価格(1個)

メートル・サボン・ド・マルセイユ サボン・ド・マルセイユ オリーブ 2000g
商品サイズ (幅×奥行×高さ) :90mm×98mm×373mm
原産国:フランス
内容量:2000g
¥3,644アマゾン価格(洗顔、洗髪用として10ヶ月以上使える。)
これは、切って旅などに持参可能

まっ。石鹸は色々あるので試すしか無いかな。

歳とるほど、清潔感とか匂いを気にしないとなぁ。と自戒も含めて
今回の台風報道で気になった。

参照
台東区のホームレスの人の避難所受け入れ拒否問題を考える

ブック(古本屋)計画。参考資料(店内及び店名)

我が古本屋計画の参考資料として集めている写真を記録しておく。
本棚を壁に天井まで高く製作する。
レール式の照明にて、LEDの電球を多く吊るす。
折り畳みの机や椅子にてレイアウトを自由にする。

付記
我が家の場合は、窓からの風景は家なので、半透明(すりガラスや乳白色のガラス)
にて縦に細い窓を並べるか(本棚の間に)
または、屋根と本棚の最上部の間に明かりを取り込む横長のFIX窓を張り巡らせる。
(直線的に平行に)
そして、何箇所かを屋根からの天窓を使っての灯り取り入れとする。




店名候補として、「三日月」crescent moon)crescentだけでも通じる。
ひらがなの「みかづき」も響きやデザイン(文字のタイポグラフィ)が素敵である点も
候補の要素。
前に「used bookstore(古本屋)」とか、カフェ(Cafe)とか付ければ応用(店舗の
多様性の為)が利く。(店の暖簾とかフラッグや紙袋、名刺、広報紙(フライヤー)
広告(紙媒体、ネット等)の記載時に店舗名の前に少しサイズ(文字)を小さくして入れる。

看板の参考例として、下のネオンサイン(照明)
参考理由
シンプルで店名を入れなくてもわかる。
住宅地や店でなくても家の玄関照明としても素敵である。
難しいのは、サイズ感と建物からの照明の張り出しまでの支えの距離感。

三日月看板


三日月サイズ&傾斜の参考資料


三日月サイズ&傾斜の参考資料


2019年10月19日土曜日

本日の食材買い物記録。「きのう何食べた?」のシロさんに対抗。

土日連休なので、
市内のいつも行く個人スーパー サカエ(商店)に行く。
朝は、いつも高齢者が多いのだが
(漁師からの直接仕入れなので、新鮮な魚を求めて散歩がてら
買いに来ている人が多い。)
本日わてが行った時刻は、お昼過ぎの12時半頃なので
買い物客はいなかった。

で、レシートを貰い忘れたが、総額1,900円(税込)

適当な記憶では
サニーレタスが2束
りんご5個
バナナ一房
にんにく(3個)(国内産)
きゅうり3本
カマス(4匹)
イカ(3杯)
小玉玉ねぎネットひと袋

見ての通り、包装資材が少ないのがわかると思う。
上手く、安く、美味しくつくるには、過剰包装された物を買うという
選択は無い。

葉物と緑物(きゅうりね。)が欲しかったので、少し高かったけど購入した。
これに肉類1,000円位買えば1週間分位には二人でなら出来る。
予備として、もう1,000円程度あればいいかな。
で、1ヶ月=4週−5週で12,000-16000円が食費となる。
これに、米代、パン代と調味料代が加算
二人で年間24万円が食費となる。(と思う。が、余裕で30万なら楽勝。)
もう少し工夫すれば、軽く20万程度には出来るんだけどね。
加工品を買い出すとすぐに月二人でも3万程度になる。
(それと酒代は別。わては飲まないが、嫁は飲むのでね。)
まっ。
「きのう何食べた?」のシロさんじゃないけど
月の食費を二人で25,000円以内は、わてもいつでも可能状態です。

追記
嫁に「あんたは、猿か?。」と言われたわ。(笑
バナナは、明日でもバナナケーキ(ケーキミックスを使って)に何本か消費するわ。

昔のブログ(2004年02月より)のリンクを記録しておく。

2004年02月からブログを書いていますわ。(笑
ライブドアブログで書き始めて
その後、ライブドアブログから住宅ブログの集合体のスマッチブログ
を並行して書きながら2011年04月頃にライブドアブログの使い勝手や
仕事が忙しいのか、スマッチブログを時々にして停止。
スマッチブログが閉鎖されて、ライブドアブログも変わって行ったので
ブログをしばらく休止していた。ツイッター(2009年8月からこれも再開
その前にサービス開始時登録していたが、まだ日本では普及してなくて
放置後、再登録。)
がその代わりになっていた。
Tumblrもやっていた(2010年6月から)

2014年からブログ再開(Bloggerにて)
スマッチブログは、あまり書いてないからダウンロードしてないけど
ライブドアブログは、FC2にダウンロード転記していた。
これを
久しぶりに思い出した。(笑 
いや、200万住宅ブログの記事を色々検索や過去記事読んでいたら
Google検索でFC2にダウンロード転記していたブログが引っかかり
パスワードは忘れていたので、再発行してログインして
確認。

投資関係の事も書いていたので、読み返していたら午前3時頃に。
結構忘れている事もあったけど、投資関係は今読んでも
改めて自己反省を含めて教訓になったわ。

200万住宅ブログの基なので
FC2のブログアドレスを転記しておく。

参照
FC2ブログ 200万住宅

ちなみに、基本ひとりの人間の考える基は案外変わらない。
人は変わらないんだよ。本人が少しづつ前に進むことしか出来ない。
と改めて思ったわ。

2019年10月6日日曜日

カツ丼マニアだから「ほっともっとのロースカツ丼390円税込」を買ってきた。(笑

嫁はパートなので、パート先まで送迎という事で朝いちに車運転。
(車運転は、ほぼ週一回程度だわ。土日で休みの時、使うかもと嫁がパート時は
送迎してます。が、殆ど使わない。自転車に乗っている方が多いかも。)
今治市内の「さいさいきて屋」(大規模農販飲食施設)にて
モーニング600円(税込)
飲み物は他にも選択多い。
が珈琲にて、サラダを食す。(残りのサンドイッチとアップルパイは持ち帰り)
これで休日の朝食昼食を兼ねるのもいいのだが(笑

ほっともっとが「ロースカツ丼」390円(税込)と10月14日までフェアとして
やっているので、カツ丼マニアとしては、買わねばと購入。

しめて、990円。
(ちょっと食べすぎかもなぁ。)

さいさいきて屋モーニング600円

持ち帰ったパンとほっともっとのカツ丼

2019年10月5日土曜日

久しぶりに投資(投機)の話をしよう。(戦う投資家の株破産記事より。その1)

投資と投機の違いは何か?。
ずっと以前に考えていた事がある。

わての決論
「現在の財産を守ろうとするのが投資。それ以外は全部投機。」

リスクの許容量が投資と投機の違いを生む。と思っている。


最近、Twitterで話題のツイートがこれ

Youtube的なネタかもね。とも思うけど。

凄く派手な生活をしていたので
もっと資産があるものだと思っていたけど
(これが、ネットとリアルの差でもある。ネットの派手さは、リアルの
数倍かもなぁ。)
レバレッジ(元金を担保として数倍ー数十倍(なかには、数百倍)の取引をする。)
かけていたから(それでも多分数倍だと思う。先物関係なら十数倍程度だと)
2億円を持っていて
数百万ー数千万でレバレッジをかけての投機だと思う。
わても
信用取引をすることもあるんで、わかるんだけど
このレバレッジの恐ろしさは、一挙にマイナスそれも数倍以上の負債を
背負う可能性があるということ。(追証経験ありますわ。(笑 )

実際、こういう取引をしてある程度資産を増やすと
一瞬で数億とか数千万になります。(今は為替取引でもレバレッジ規制で
数倍から十倍程度だけど、初期は数百倍でも取引出来ました。)

わてが生き残ったのは、運の要素も大きいけど(それを実力だと
思ったら死んでいたわ。)
レバレッジ管理と変動率管理が低い能力だけど出来たという事です。

過去、数度 億以上になるというレバを組んで(それでも数倍以内)
確かにその株は数倍ー十倍近くなったんだけど
わては、その上昇寸前でレバとか投機ポジションを解消してました。
まっ。後悔も少しあるんだけど(爆笑

その時は、自分の投資ルールのひとつに
「自分の周りの環境や体調や生活、仕事に大きな変化があった時は
投機をやめ、しばらく市場観察だけにする。」
これに該当して、意図的トレードを閉じました。

親父が癌と診断され、会社の経営の多くを任された時、
親父が死に会社の今後をどうするか?。と考えていた時、
家業を閉め、勤めはじめた時(期間工として)
どの時もその後、閉じたポジションが数倍になりました。
(期間としては、わずか数日から2ヶ月以内でした。)
今、振り返ると
「たぶん、数倍以上になって億単位になっていたら、今わては
死んでいたか、負債を大きく抱えたり、生活が荒んでいるだろうな。」
自分の器以上の水(お金)は、勢いよく流れ込むと
器の中にある水(お金)さえ、勢いで流しさり
器に残るのは、僅かな水(ほぼ残らないこともある。)である。

結局、自分の器を大きくするしかないんだけど
自分の器の大きさを確認しないといけない作業は
ほんと、情けなくなるほど器が小さいことに気づくからねぇ。
また
自分で投資ルールをつくっても
それを破るのが常に自分だからね。
妻と喧嘩するといつも「器の小さい男やん。」と言われるんだけどねぇ。(笑

彼は、おばあちゃんが亡くなったりと
環境が変化したのに対応しなかったのが大きな原因かもなぁ。

ここから生き残って市場に帰ってきた人が一番強いのは確かなんだけど
天才でも無い限り、痛みを味わないと人は
成長しないからなぁ。(わてもそうなんだよねぇ。)

リーマン・ショックを筆頭に何度も大きな変動を経験してきたけど
よく確率で語るテクニカルトレーダーもいるけど
わての経験では、思ったより
自分の想定外の事が起きる確率は、計算した以上に頻繁に起こると思う。

彼には、家族と話し(妻と特に)再起を図ってもらいたい。
(手にしている物(車や家とか生命保険など)をすぐに手放す人ほど
再起している。何かを掴むなら今掴んでいる物を手放さないといけない。
人は二本の手しか掴むことが出来ないんだから。)

自戒を含めて、久しぶりに投資(投機)について書いてみたわ。