2018年1月28日日曜日

シェアハウス(運営)を貧困ビジネスだと考える輩ばかり。(かぼちゃの馬車破綻)

女性限定のシェアハウス建設運営会社が破綻した。
ここまで被害が大きくなった一因には、銀行の不動産融資が
絡んでもいるんだけど。(近年まで金融緩和とゼロ金利で地方銀行の
多くの融資担当は、マンションとかアパート融資で融資ノルマを消化している
傾向が大きかった。まっ。ここの破綻は、支店長の姿勢が
顕著だったからだと思う。)

所得格差とか日本で進む中間所得者層の一部高所得者層へ。そして
大半の中間所得者層が低所得者層への転落。
そして低所得者層の固定化と世代を越えての連鎖。

その解決策に200万住宅ブログは、シェアハウスも追いかけて
いろいろ調べているんだけど(ただの興味です。)

シャアハウスの初期は、家賃の安さとか敷金礼金無しとか
数ヶ月(数週間、数日もあり。)での引っ越しも可能とか
共有部分(キッチン、バスルーム、リビング等)の個人では
購入できない器具や道具、施設(広さ)の充実などの
特徴があったんだけど(今でも共有部分の豊かさや清掃などを
ウリ文句にしているシェア事業所も多い。)

だんだん、家賃は普通(敷金礼金なしは、今でも特徴として残っている。)
になり、共有部分の設備も安い家電となり
個人の部屋の広さも狭くなっている。
(今のシェアハウスの家賃設定なら
友人と二人で住む程度ならマンションやアパートを二人で
シェアして住むほうが、良い住居環境になると思う。)

まさしく、目先の金が無い。一時の仮の住居(だが、なかなか貯蓄も
出来ないので次の賃借アパート、マンションへの転居が無理になっている。)
程度の貧困ビジネスのひとつとなってしまった。

シェアというのは、共有出来る部分を共有しその結果
余剰(時間、お金、場所等)部分を個人の幸せに還元するという方向を
目指すべきだと思う。(個人だけでなく、社会や環境にも還元)

今、話題の仮想通貨にしてもシェアハウスにしても
そのシステムが、金融ゲームに取り込まれると
システム自体が、陳腐で腐った状態になるのは、自由経済資本主義の
大きな欠点だと思う。
(まっ。それでも共産統制経済社会主義よりは幾分マシではあるけどね。)

参照
「かぼちゃの馬車」終焉で自己破産者続出か
魔法が解けたシェアハウス【前編】 サブリース賃料完全停止へ

中編と後編も読むべき。

2018年1月23日火曜日

エコズームの運用の変化(火鉢としての利用)

いや、ホント現在の寒波にエコズームは役立っています。


今年の冬に少し運用(使用手順や使用目的)が変化したので記録しておきます。

1,点火方法(手順)

まず、小さな松ぼっくり2、3個を投入。大きな松ぼっくりを1個投入

(昨年、大きな松ぼっくりが出来る松を近所の里山で発見。で
拾い集めたら、一山。点火材として1年程度は使える量確保。
小さな松ぼっくりは、近場の海浜公園の松林より確保。
公園管理人に採取了解済)

その上に炭を15センチサイズと10センチサイズ位を2本差し込むか
置く。
風向きを確認して、開閉口を風が吹き込む方角に開ける。
バーナーにて点火
火が立上るのを確認。(バーナー点火後、うちわで仰ぐこともある。)

放置

放置後10分−15分後、炭に火が回っているのを確認
部屋へ運ぶ。

2,使用時

1.8リットルのやかんに水を満水状態にて、エコズームに置く。
沸騰後

やわらか湯たんぽに給湯
水をやかんに追加。

3,やわらか湯たんぽは、椅子の背もたれ部分に置く。(毛布や電気毛布で包む。)


4,一日使う時は、3時間程度で炭を追加して、火が炭に移り連続使用可能な
ようにする。

5,夜だけの使用では、点火時の炭にて19時から23時(3時間)程度
暖房(火鉢)として使用可能。(珈琲やお茶もやかんより飲める。)

6,炭は、コメリ(ホームセンター)の焼肉屋さんのオガ備長炭 10kg
税込み1,780円を購入。10kgなので結構持つ。

7,点火時の焚き付け追加材として、通勤途中にある桜並木の枯れ枝を
帰宅時に少し拾って帰って、点火燃焼材として使用。

付記
十全 豆炭ホームコタツなるものを初めて知ったわ。(笑
まっ。瀬戸内在住者には、ちょっと強力的だから、エコズーム程度でいいわ。
コメリで購入可能。(本体25,800円から各種サイズあり。)
コメリ豆炭 12kgで1,580円
豆炭の燃焼エネルギーが快適温度を永く持続し長時間御使用いただけます。最高温度は130℃特に寒冷地の皆様に喜ばれています。電源コードが不用なので、どこへでも移動が出来ます。(これは、小さな日本のタイニーハウスにはぴったりな暖房器具)
一酸化炭素の発生による危険をガスフィルターにより除去します。



2018年1月21日日曜日

「嘘を愛する女」を妻と観てきました。(風景をちょっと解説)

私は、自分が歩いている島々の場所確認という方向で
観てましたけど(笑
途中からは、物語の行方が気になり、また主人公の
長澤まさみさんや高橋一生さんだけでなく脇を固める
吉田鋼太郎さんやDAIGOさん、川栄李奈さんもその役
そのままの感じで映画最後まで楽しめた作品でした。
(ストーリーもよく考えられていた。)

瀬戸内の島々の感じも
今治の桜井海岸からの赤灯台(来島海峡の流れの中にあった
灯台を移設。灯台としての機能はしていない。)を見通す遠景や
大島の東海岸の遠景(漁協からの)は、島々を映す場面と違って
瀬戸内の燧灘の伸びやかで広がる穏やかな広い海を映していました。
(私は、しまなみ海道の橋沿いの島々が織りなす風景も好きですが
燧灘の広がる風景も大好きです。)

馬島の灯台、大島の灯台、そしてまだ訪れたことがない大下島の
灯台どれも素敵な場面となっています。
(現在では、GPSの発達でこれらの灯台は殆ど機能してなく、
いずれは、壊され無くなる運命でもあります。)

今治港の防波堤灯台を歩く長澤まさみの後ろ姿
馬島のトンネルを歩く後ろ姿
大三島の野々江漁港の潮が引いた後の砂浜を歩く姿
どれも彼女の彼の本当の姿を探す感情が映し出されています。

長澤まさみさんと高橋一生さんの最初の出会いである
映画「世界の中心で愛を叫ぶ」も
小説の舞台は、愛媛県の宇和島です。(一応、架空の地方都市ですが
宇和島を感じさせる場面が多々あります。)
映画の撮影は、香川県で行われました。(原作者が宇和島出身)

結構、愛媛つながりの作品と関係があるなぁ。

この映画を観て
久しぶりに小説を書きたくなりました。(そこかよ。)

バックパッカーの旅としても
大島と大三島は、何度も歩いてもいい島です。
自転車だけでなく、歩く旅もお勧めします。



参照
嘘を愛する女 オフィシャルサイト

映画「嘘を愛する女」パンフレット買ってきました。(バックパックの旅で訪問地多々あった。)

昨年からバックパックの旅を再開した
1,瀬戸内海の島を巡る旅
2,石鎚山系を横断する(四国横断)の旅
のどちらをしようか?。と検討した。
(他にもいろいろプランがあったのだが、勤め人であること
連休時でも3日程度が多いからそんなに遠くへ行けない制約があった。)


1のプランに決定して現在、旅を数回している。

決定理由
1,今治市居住なので若い時に島は結構訪れていた。
(当時の職場で芸予諸島を担当。また当時は橋も開通していなくて
フェリーでの訪問。)
2,高校時代の友人に島出身者が複数いた。
(緊急時に最悪頼ることが出来る。当時の担当している顧客も複数存命。)
3,緊急時には、橋を利用して帰宅。(2−3時間で大概の島から帰宅可能)
4,フェリー、バス、車、徒歩、自転車そして今治駅から自宅まで電車と
多彩な乗り物を利用出来る。(ヒッチハイクも可能)
5,温暖な気候と近年の温暖化の進行で一年を通して旅が可能。
(テント泊が可能)
6,橋が出来て観光客(ツーリスト)やサイクリストが増え、洒落た店舗や
飲食店、コンビニが出来ている。(コンビニが大きな島ではあるので、緊急時
の利用可能)
7,海と島と光が明るく伸びやかで地元の人の応対もいい。

8,案外、各島の在住者は他の島との交流は少ない。(勤め先が他島でない限り)
また伯方島、大三島に関しては愛媛県なんだけど、どちらかというと尾道(広島県)
との交流の方が経済圏としては、大きい。


本日は、明日妻と観に行く前にパンフレットを購入してきた。
(妻のパート迎えに行った時)


 伯方島、大三島、大島、馬島、今治の撮影地は、すべてバックパックや
近場なので訪問したり、旅の行程で訪れている。
(どの方向からカメラで撮ったまでわかったわ。)
今年は、大崎下島や大崎上島をバックパックする予定である。

灯台をテーマに歩くのもいいな。とあらためて思った。

今治に訪れてこれらのロケ地や自転車や車で効率よく周りたいのでしたら
コメントでお知らせを(笑
いろいろ時間とか乗り物やカフェ等プランを提示できます。
(旅雑誌や旅行会社提示のプランよりもいいと思うよ。(笑 )

さて、明日は映画見ての感想等を。

2018年1月19日金曜日

「支出が3割減るってホント? 定年退職後の家計簿」コラムを見て考える。

これまたツッコミどころが多い支出統計ですけど(笑
では
これで思ったこと
1,60代の世帯人数2.72人は、夫婦+子供(独身)または、一人高齢者+夫婦(子供)
が多いかな。平均年齢64.9歳
2,持ち家率の高さ93%は、ほぼ持ち家ということ。
3,2によって住居費が16,000円台に押さえられている。
(固定資産税+維持費程度)
4,その他の金額の多さ。(笑
(ここに税金や国民保険等の社会保険費用が入っていると思う。)
5,食費の高さ。7万円台ですか!。

特に思ったのは、持ち家率の高さと住居費
3の16,000円程度で維持管理出来るなら家賃も2万円以下なら賃借物件に
住むという選択もありだと思った。

だから常日頃200万住宅が吠えている住居費(家賃)は、2万円以下が
生活コストを落とす一番のポイントです。




参照
支出が3割減るってホント? 定年退職後の家計簿

2018年1月15日月曜日

田舎で物を溜めるということの意味(断捨離とは真逆だけど)

都会では、家賃が高い部屋に住むと物を溜めるということは
倉庫料を払って住んでいるということにもなる。(だいたいの話ね。)

田舎に暮らすと、収入も減るけど生活費も減る。
(まっ。安価なボロ家に住んで(月1−2万円程度の古い昭和の家)
野菜や魚も自給自足的に育てたり、貰ったり、そもそも買い物に行く
店が遠いとか一軒しか無く高い。で、衣類や調味料等はネット買い。)

車も軽四の中古を所有したら、そんなに経費もかからない。
(50ccのカブでもいい。)

じゃ。そこから
タダの物を集めるとか、ネットで激安なもの買い時間差を利用して売る
(せどりの変形)をしたら良いんじゃないかとも考えている。

持て余し気味の工場後のだだ広いところに

松ぼっくりの山とか、海ガラスとかを集め保管している
そのうち、ちょっと市内の古本屋(ブックオフ等)で
生活雑誌(価値が古くならない雑誌=料理や衣類(手仕事系))で
100円以下のを集めたり(今でもある程度はある。)
竹の皮(4−6月の筍収穫後の残って伸びた竹の皮)や石(石積み用)
デザインのいい安価な椅子 ソファー(これは自分で使う予定)
自転車、カヌー、ナイフ、リーフの材料、竹(乾燥して竹材)
葦(藁も含む。これも編む材料)なども集める予定である。
オイル缶(丸缶)をの空き缶も集めて
ロケットストーブを創る集いなどもやってもいいな。
(意外と田舎では、釣り雑誌が古本でも売れている。ニーズが
あるということ。ただ、釣りの分野は自分はわからないからなぁ。
釣り道具も奥がふかそうだから。手が出せないわ。)

まっ。古道具屋を目指している感もあるが(笑

数年では価値が変わらないものを集めたいと思っている。
空間は、余るほどある。

フリークライミングのボードでもつけて店でもしようか?。とか
考えたりもした。(設備投資があまりいらないし、倉庫(工場)だからね。)

タダから100円程度の物それでも価値があるもの
を探し集める。
売るのはネットでもいいし、加工して品物に変換して売るというのも
いいかもと思っている。

ゴミ屋敷にならないように気をつけながら(爆笑

でも、こんなことをするだけでも時間は足りないし
一人遊び出来るから、そんなにお金も必要ない。

目線をずらすと結構田舎や地方でもお金になりそうな物はある。
(あると思うし、あって欲しいな。)

2018年1月11日木曜日

石積みを学びたい!。(徳島県上勝町開催)

石積みを学びたいので記録しておく。
2月3日の開催日に出来れば参加したいので、嫁と相談。
(愛媛でも(たぶん南予地域)開催すると思われるけど、都合がつく日か
どうかだなぁ。2月3日は、バス乗り継ぎか、列車にての移動になるから
強行軍だなぁ。)
徳島県上勝町地域おこし協力隊
金子玲大(かねこ れお)氏参加(ひめポン NHK夕方のニュースにて放映1月11日)
1月10日(水)愛媛県内のみの放送 
『ひめポン!』18:10~19:00の中の8分間

1月16日(火)四国4県向けの放送
『おはよう徳島』7:45~8:00の中の5分間

参照
石積み学校
石積み学校は、石積み技術の継承と石積みの修復に関する活動をしている団体です。




フェイスブックサイト
石積み学校 Dry Stone Walling School of Japan

2018年1月9日火曜日

映画「嘘を愛する女」長澤まさみ&高橋一生 200万的バックパックの旅の地

1月20日公開の映画 「嘘を愛する女」
これがすごく気になるのは、撮影地が、私がこの数年のバックパックの地と
して選んでいる瀬戸内海(芸予諸島中心)島を歩く旅が舞台
だから。
映画は、妻と観に行く予定に入っている。
オフィシャルサイトやYouTubeの
松たか子さん「つなぐもの」(映画主題歌)が公開されたんだけど
オフシャルサイトとYouTubeの写真や動画が
私が訪れた場所や歩いた場所が多く出てきて
「あっ。これあそこで撮ったんやな。」
「すごく、いろいろな島や場所で撮っているわ。」とか
ひとり、動画を止めたり、写真に見入ったりして
妻に飽きられながら
「ここなぁ。誰も歩いてないし、坂が急でな。」とか
説明している。(笑

いやー。冬の旅終えたのに、またまた歩き旅(島)行きたくなりました。
(相変わらず、しまなみはサイクリストが多いです。が
歩く方がホント楽しいと思っています。 根っからのバックパッカーだわ。(馬鹿 )


参照
嘘を愛する女オフィシャルサイト

2018年1月8日月曜日

「学歴」という最大の分断 大卒と高卒で違う日本が見えている。(親の人生に組み込まれる社会」

地方の若者とか貧困を追いかけているんだけど(笑
(まっ。人生的調査対象のひとつです。)
昨晩の林修(東大卒。予備校有名講師)さんの番組を見ながら
改めて思った。

「じゃ。大学卒と高卒がうまく混ざり合う社会は出来るのか?。」

現状
1,景気変動を大きく受け、40歳代などは有名大卒でも就職難を経験
(その為、引きこもりや貧困の度合いが他の世代よりも高い。)
2,地方では、1の影響で大学を卒業しても奨学金返済。給与が
50歳代や60歳代の終身雇用制度時代の人との格差が大きい。
3,それを身近で見ているので大学進学に対しての親の考えは
高卒で大学卒と働き、給与格差や学歴格差を肌身に感じている親は
高卒でも大学進学を子供に勧め、学歴取得に力を入れる。
4,3とは別にそれを身近で見ているので
高卒で大卒と働き、奨学金返済の苦しさや学歴が高いのにブラック的
労働で高収入や高待遇を受けてない大卒者を見ている親は
大学進学には否定的になっている。
5,親の年収も以前とは、税負担、社会保障費負担の増加で
手取り金額は減り、また地方では所得が高いのは
公務員、銀行員、インフラ関係企業(電力、水道、ガス、通信)
勤務者であり、他の高卒中小企業勤務の年収は驚くほど低いままである。
6,5の為、地方では、結婚後の離婚によるシングルマザーの数が多く
また離婚、再婚者の数も多い。
7,6の為、小中学高校のクラスメートの半数以上がシングル家庭で
ある場合なども多い。
8,5−7の理由により低年収及び環境(周りの同年齢世代や同級生)
が固定化され、低所得者層での階層の固定化が進み、世代での貧困の
連鎖が繰り返され始めている。(バブル崩壊後貧困の連鎖が始まり
現在はそれが第2世代へと引き継がれ始めている。)
9、第2世代への連鎖が始まると社会全体が疲労また固定化そして
貧困化し始める。それが今の日本。
10,少子高齢化に9の要素が加わり国力低下が始まっている。
11,人口減少が経済に悪い影響を与えるのではない。
(明治時代の出生者数は、現在とほぼ同じ)
急激な変動(減少)が大きく悪い影響をあたえるのである。


以上が、私の現状の認識である。

特に貧困の連鎖に大きく影響しているのが
先日ブログした転記内容であると思っている。

さて、これらに対する対策案は、追々ブログしていこうと思う。
(が、まっ。社会全体や行政が適切な対策をしてくれるはずないので
貧困化する社会から自分や家族、出来れば友人間までを守る
自衛策も考えていく。)

転記
地方の貧困と若者に絡んでくる一番は、実は
「親の人生(金)に組み込まれる。」ことだと思う。
そして
そこに
少子高齢化の顕著な現象として
「少子化により、同級生間の上下関係(ボスとか使い走り)や友人間が
幼少期に固定され、それが社会人になるまで続く。(または、社会人に
なっても続く。)」
ことによる
がんじがらめに絡み取られ身動きできない状態である者が多いということ。

参照当ブログ記事

2018年1月6日土曜日
地方に生きる若者たち(インタビューからみえてくる仕事・結婚・暮らしの未来)を読む。(2)


参照
「学歴」という最大の分断 大卒と高卒で違う日本が見えている

2018年1月6日土曜日

地方に生きる若者たち(インタビューからみえてくる仕事・結婚・暮らしの未来)を読む。(2)

地方の貧困と若者に絡んでくる一番は、実は
「親の人生(金)に組み込まれる。」ことだと思う。
そして
そこに
少子高齢化の顕著な現象として
「少子化により、同級生間の上下関係(ボスとか使い走り)や友人間が
幼少期に固定され、それが社会人になるまで続く。(または、社会人に
なっても続く。)」
ことによる
がんじがらめに絡み取られ身動きできない状態である者が多いということ。

1,正月に甥と食事した時に
「奨学金いつまで返済しないといけない?。」
「月15,000円位を35歳までかな。でもこれ位は普通だよ。
大学出る時に数百万の借金背負っている同級生が殆どだよ。」


(車なんて買えないよねぇ。携帯と奨学金の返済で、手持ちの自由に
使える金額など僅かになるなぁ。)

2,我が地域の小学校の今年度の入学者数が40名足らずだと聞いて
改めて驚いた。
それじゃ。2クラス編成など出来ず、1クラスで中学卒業まで
入学した時の同級生間の力関係や出来不出来が認識されたまま続くことに
なる。(クラス編成が2クラスになると、シャッフルすることによって
それが緩和される。)
だから、それが嫌な同級生は、中学から他の中学へ行くと甥が言っていた。
(甥の地域では、同級生は15名程度だったらしい。)

3,1の奨学金を利用して進学する者が増えたのは、親の世代が
地方では工場の撤退や景気の低迷により、低年収になり生活で手一杯と
なったのも一因。
そして、同居している若者も少子化で一人っ子や二人兄弟が多い。
必然的に親の低年収化を家族(世帯)年収で支えるという状態へ
変化している。

地方に生きる若者たち(インタビューからみえてくる仕事・結婚・暮らしの未来)を読む。(1)

図書館より借り本なんだけど


まずは、関係ない話から
編集者が石井まこと 阿部誠とマコトつながり(笑
おまけに今読んでいる私がMakotoと
3人もマコトが揃っている。(爆笑
というか、最近テレビや新聞などで結構マコトという名前を見聞きする。
罪人から学者まで(まっ。自分の誕生年前後の名付け名一番が誠だからね。)

読む前に地方での若者の生き方で私が考えているのは

1,正社員になるのが幸せにならない時代
2,1なんだけど、それじゃ生活や将来に希望が無い。
3,公共団体(地方行政やそれに付随する業務(病院や図書館等))のアウトソーシング
(業務委託)化などでの公共団体での非正規雇用の拡大
4,正社員でも13万−15万の手取り非正規で10万−13万の手取りの現状
そして年功序列制度の崩壊に伴い賃金上昇が望めない。
(例えば、定期昇給が500円なんて普通。10年勤めても5,000円の昇給)
5,親の自営業の将来性が無い。(市場拡大や地域産業の伸びが見込めない。)
6,バブル前から将来は年収200万円時代だと私はブログで言っていたけど
それは、半分本気半分まさかね。という思いだったんだけど、地方では殆ど
現実になってしまった。

じゃ本を読む前に考えている私の解決策は
前にもブログしているけど

1,住宅政策の転換
多くの貧困層とか低所得者層が、あとどれ位あればいいか?。という問に
5万円と答えているというアンケート結果があった。
(なんのアンケートだったか?。失念しているけど印象に残っている。)
なら
子育て世代とか若者世代には、無償で子育て終了とか、子供が出来ない夫婦でも
40歳までは、無償という条件で住宅を整備貸す。

これで、住宅費(賃借料)が0になると実質手取り収入が5万円アップする。
(現在の地方の賃借料金が駐車場や共益費込で約4−6万円)
年間60万である。

これに現状政府が進めている教育無償化政策によって
夫婦ふたりで共働き(どちらかがパートとか一時休業でも)なら
生活の安定と将来展望が図れるはずである。

2,複数の仕事(ナリワイ)を創る。
これは、労働時間の短縮も必要なんだけど、今でも地方や都会で
ダブルワークしている女の人は多い。(離婚して子育てしている人とか
正社員になれず、収入確保の為の短時間労働を組み合わせる。)
よく、3万円(月)の収入確保できることを複数持つという提案が
あるんだけど、これを地元の求人で構築すると移動時間やサービス残業等で
体力がある無しに関わらず半年から1年程度で多くの人が支障をきたす。
だから
物をつくり販売するとか、フリーマーケットで売るとか、ネットで投資力
(手持ち資金の運用)をつけるとか、現代の日本ではネット市場を取り込むこと
を考えるべきだと思う。(それでも結構数万レベルを維持するのは難しけどね。)

3,結婚しないでも一つの家に複数住む新しい家族形態へ
女の子2人でもいいし、男二人でもいい。(ジェンダー)
シェアハウス的でもいいし、同じ趣味同士でもいい。
ひとつの家に住まないでも、同じ敷地に10坪程度の平屋を数軒建てて
(地方なら土地はあるんだから100坪に10坪の家を3軒(駐車場付き)
程度なら十分可能)
週末食事するとか、手助けが必要な時に助けるという形態で
住むという方向があってもいいと思う。
子供がいない夫婦なら里親制度で一時的な期間養父になってもいいと思う。

4,教育の改革
せっかくネット時代になったんだから、もっと積極的にネットでの教育を考える
べき。特に実用的な教育(専門教育)プログラミングとか語学や専門知識を学び
次のステップにすべきだと思う。