2015年9月11日金曜日

Kindleのブラウザでネット接続時の覚書(Texttというサービス。)

Wi-Fi版のKindleの第二世代を使っています。

外出時に大きな文字(画面で)読むメモやネットに置いている
覚書やリンク先をスマホのデザリング機能を使ってネット接続して
見る時の覚書です。

私流の使い方
1ウェイブモードでは、文字が薄く読みづらい。
2テキストモードでは、表示出来ないページが多い・

この1,2を
私はブックマークにTexttというサービスサイトを登録している。
Textt というサービスをリリースしました

2010年からずっと使い続けています。
(個人のサービスなので継続に不安は多少あるけどね。)
テキストベースの記録をパソコンやスマホから転記記録しておいています。
(割りとPocketというサービスを使ってもいるのですが
基本、テキストでの保存が気にいってます。)


ここにネットで気になった記事や情報、リンク先などを
記録しています。
分類もおおまかですがしています。
そして
Kindleのブラウズでのテキストベース表示すると
結構、はっきりとした文字で読めるのです。

情報の整理や過去に書いた文章を確認する程度には
使えます。


転記
WebKitベースのブラウザ
Kindleのブラウザ(体験版)はWebKitをベースとしたブラウザです。気になる情報をKindle上で簡単に検索することができます。KindleはWi-Fiを使ってKindleストアやウィキペディアに接続することができます。

0 件のコメント:

コメントを投稿