2016年7月10日日曜日

コインランドリー店が増えている。(これからは複合型に進化するだろうな。)

家業が長年の右肩下がりの時に他の仕事(自営)での
可能性を探っていた時期があります。

まっ。初期投資がやはりネック(問題)となり家業を
まずは立て直しー縮小ーうまく撤退との考えになったんです。


その探っていた時に一番の有力な自営(事業)に
「コインランドリー経営」がありました。
(当時は、まだコインランドリー店も地方には少なかった。)

1,円高だったので、アメリカから中古機器を導入すれば
安価に店舗を構えられる。
2,現金収入(日々)である。
(資金繰りや投下資金回収が速い。)
3,大型(布団やジュータン)洗濯。靴洗濯。雨の日の乾燥専門。等
特色を出せる。
4,基本、無人での店舗経営も可能。
5,クリーンング店との連携でクリーニングの受付と兼ねる。と
人を雇い。(洗濯された物を畳むサービスや携帯へ洗濯完了メールなど
付随サービスやプラス課金が出来る。)
6,日本は梅雨がある。

駐車場なども必要だけど、地方なら撤退したコンビニ、携帯販売店
を利用すれば多店舗経営も可能。(ただし、コンビニ後などは賃借料が高い。)

久しぶりに新聞や雑誌の報道を見ると
コインランドリー数は、ほんと増えている。(右肩上がりの業界)
三洋電機が日本でもコインランドリー機器のメーカーでしたが
そこから引き継いでいった会社も順調そうです。


これからは、参照のカフェ併設などの店舗も出てくるかもね。
(滞在時間のお客から他のサービスによる利益確保も可能。)



地方のコミュティ拠点にもなると思うし、ゲストハウスに併設などもいいかと思う。

参照
コーヒー、ビールが飲めて、友達もできる!海外で話題の「コインランドリー」が日本にもやってくる?

0 件のコメント:

コメントを投稿