2019年8月24日土曜日

ChromeBoxを買い替えた。(ChromeBox3を米国Amazonより)追記

わての使い方ならCeleronモデルでも十分だと思うのだが
それでもRAMが4GBというのは、ちょっと足りない感があるので
早急に8GBか16GBにアップする予定である。

 ChromeBox3購入理由追記
ハード的な利点
ASUS Chromebox 3は、「USB Power Delivery」をサポートしているため
接続した端末やアクセサリを充電するだけでなく
対応するディスプレイやその他のデバイスから電力を受け取ることもできるため
余計な電源ケーブルやアダプタを接続する必要がなく
広い作業スペースを確保することができます。
(ケーブルの乱雑さと電源確保は、常に悩む点でもある。
現状はディスプレイが対応して無いのだが
買い替えの時にこの機能を確認して購入することにする。)


ソフト的な利点
Asus Chromebox 3は、インターネットに接続するだけで自動的に最新の状態に
更新される。(このセキュリティアップデートが重要だと認識している。)

ASUS Chromeboxには、無料のGoogleドライブスペース100GBが付属しています。
(2年間なんだけど、今回もついてくるのか?。到着後確認する。
また、現状の100GBアップが2020/09/14までなので、Asus Chromebox 3での登録を
いつにするかで、利用期間が決まるので、その点も調べる予定。)
年払で100GBは2,500円なので2年間なら5,000円節約出来るという計算にもなる。
わては、40GB程度を使っているので100GBスペースがあれば十分なんだ。

追記
最初のアカウントがChromebook(Box)に追加されてから180日以内にクーポンを引き換える必要があります。この制限時間内に申し出を請求しない場合、有効期限が切れます

参照
ASUSがリリースした新型「Chromebox 3」のCeleronモデルとi3モデルはどっちがお買い得?

0 件のコメント:

コメントを投稿