2019年8月21日水曜日

電気温水器が直った。(笑 (エコキュート&ネオキュート&温水器の利点欠点)

四国エナジーサービス(株)四国電力の子会社
が来てくれて、電気温水器を開いて、ポチッとスイッチ押すと
直りました。(笑


1,電気温水器の制御基盤は、もう予備も無い。
2,度々、落ちる(高温制御ブレーカー。高温のまま沸くのが止まらない時に
落ちる二重安全装置のブレーカー)ともう寿命なので買い替えを考えてください。
との事
そうだよなぁ。もう記憶もない位昔に購入したから(多分25年以上下手したら
30年位使っていると思う。)


検討していたネオキュートの事や電気料金比較や電気温水器、エコキュート
そしてリースについて色々聞いたので
ポイントを記録しておく。
1,なぜ、エコキュートやネオキュート、電気温水器のリース契約が10年〜12年か
というと
(1)エコキュート、ネオキュートは製品寿命が約15年程度。
(2)製品発売終了から10年で部品供給期限が来る。
(3)リース終了後は製品引き上げにより買い取りという契約は無い。
(4)電気温水器は20年〜25年は製品寿命があるが、エコキュート等の絡みで
12年程度のリース満了としている。
(5)製品の価格差がエコキュートと電気温水器では、40万円程度ある。
この価格差を年にするとエコキュートによる電気料金の減少は、ほぼ無となる。
(6)電気温水器に太陽光温水器を接続させるのが安価な電気料金下げ。
(7)電気温水器買い取りが一番安価(これで25年程度使用する。)
(8)リース契約は、10年後再契約になる。高齢者の場合保証人が必要となる。
(70歳以上だったけ?。)
(9)最近、初期のエコキュートを買い取り設置しているお宅よりリース契約に
よるエコキュート(機器)の更新依頼が増えている。(ほぼ10年〜15年)
(10)設置に最近は地震対策必要でコンクリート打ち&アンカーボルトによる
固定が必要。(費用2万〜3万)
(11)エコキュート、ネオキュートにすると電気料金(季節別時間帯別電灯)が
新しくなり、電気温水器の現在の電気料金契約が無くなる。(一番安価なので四国電力
は、契約内容を変更した。(旧契約者はそのまま契約続行可能)
(12)エコキュート、ネオキュートにすると自宅配電盤工事が必要で
この場合10万円程度費用がかかる。(どひゃー。)
(13)エコキュート、ネオキュート変更での電気料金下げ幅は、2,000円〜3,000円程度
である。

器械の耐用年数(使用可能年数)と電気料金比較及び初期費用(配電盤工事&基礎工事)
を比較検討すると

となると、電気温水器の更新が我が家では、一番押しとなるわ。(笑
太陽光温水器の接続を今後検討する。

0 件のコメント:

コメントを投稿