2017年2月24日金曜日

フォトブックを編集しながら思った事。

2万円前後のAndroidスマホが昨年から
飛躍的に性能が良くなっている。

自分の感覚では、ゲーム用途でなければ
2万円前後のAndroidスマホで十二分な環境になっていると思う。

現在の自分のスマホは、P9liteなんだけど
写真の深度(奥行きのボカシ)などを求めなければ
通常の写真撮影なら十二分です。


現在
妻のフォトブックを編集しているんだけど

1,もっと高解像度で撮影しておけば良かった。

特に数年前の写真ならもう高解像度でもメモリ容量を
気にしなくてもいい環境だったのに
長年の習性で写真の解像度を落としていたのは後悔ありありです。
フォトブックにするには大きさに解像度が低すぎる。
(この場合は、コラージュ数枚を組み合わせてを作って
対応している。)

2,ここ数日今春の発売スマホを見ると2万円以下で魅力的な
機種ばかりだ。
特に新機種のnove liteが1万5千円以下で買えるお買い得感ありです。
(まっ。通信料込のUQモバイルでのP9liteは、買って後悔は
無いんだけどね。RAMも3GBだしね。(UQモバイル版の通常スマホと
違うPREMIUMだからね。))

参照
衝撃価格!?goomSimsellerでHUAWEI nova liteが14,800円

goo simseller  らくらくセットページ
(端末比較スペック表あり)

3,現在特にInstagramを継続してやることを考えているので
次のスマホはもっと写真性能にポイントを置いて購入したい。
(カメラプラス機能で価格も2万程度上乗せでもいいと考えている。)

1年前なら2万円前後のAndroidスマホを人に勧めるには
少し戸惑う点があった。
いろいろ、性能的に削られ万人が使えるとは言い難い点が
多いかった。(今でもゲーム中心ならもう少し処理速度重視で
高い機種になると思う。)

去年の後半から2万円前後でもなんら遜色のない性能と画面
とタッチ感が出てきている。
それは、AndroidOSの進歩と個体性能の進歩と低価格化の
おかげだと思う。

文字や数字中心の私だが少しづつ画像(写真)もこなせるように
なってきた。(笑  ただ、加工などをすると時間がいくらあっても
足りない。次は動画だけどこの調子でいくと後10年はかかりそうだ。(爆笑

0 件のコメント:

コメントを投稿