2016年12月12日月曜日

UQモバイルとFREETELを使ってみて。(今ならUQモバイルをお奨めする。)

P9 lite PREMIUMにスマホを変更した。
(使いやすい。今は、2万円以下でもP9 liteが売られている時が
あるので、すごくオススメの機種です。)


スマホの通信会社も
FREETELからUQモバイルに変更

通信費(月)は少し高くなった。
FREETEL=使っただけプラン(SMS付き)と携帯(Priori3S LTE)保証プラン
で現在1,300円前後(別会社契約のIP電話通話料込)
(株取引再開や通信状況が外出時に増えたので1,300円程度になった。
その前は、低速データ通信200kbpsにて使用なので約600円前後)
時々0円SIM(500MBまでは、無料データ通信SIM)を使って
高速接続。(2ヶ月程度前までは、凄く遅かったが現在は確かに高速レベル
に戻っている。)

UQモバイル=1,980円データ量月2GB(24ヶ月)
 無料通話90分(2017年02月まで以降5分喋り放題)これには、P9litePREMIUM
本体分割24ヶ月も含まれている。


数日、UQモバイルに変更して使った感想を

アプリのUQ mobileポータルアプリをGoogle Playより
ダウンロードそしてインストール

ターボ(高速通信(通常)と低速通信(300kbps)の切り替えが
簡単に画面(ホーム)から出来る。
またデータ量の残量がわかる。
(が、現在は、1GBから2GBへのデータ通信量増量キャンペーン中
なのだが、1GBの使用量からの残量表示になるので注意が必要。)

私の使い方は
普段は、低速にスイッチ。昼休み時の証券会社ページに接続時だけ
高速スイッチ。
他のTwitterやYahoo!やグーグルアプリ、Instagramは低速接続
(Instagramの表示を速くするときだけ高速スイッチ)

低速時の300kbpsは、FREETELの低速200kbpsよりも明らかに
速く待ち時間もほとんど無いレベルです。
(これらの低速サービスは、月契約のデータ使用量に計算されない。)

FREETELの場合は、切り替えをホームページのマイページから
切り替えーまた切り替えタイムラグが結構ある。

UQモバイルは、アプリのスマホ画面でのスイッチ切り替えなので
切り替えが速い。また簡単に切り替えが出来る。
この利便性は、すごく助かる。

UQモバイルならスマホ本体を買わなかったら
1年目=700円台
2年目=1,700円台での通信費(月)で2年間使えるので
SIM契約だけでもいいと思う。(ただし、通信会社(通話網)対応スマホを
持っているか。別購入の場合)

数日、使ってみたけど通信速度等
UQモバイルへ変更して良かったかな。との感想です。
(P9 lite PREMIUMの使用感がすこぶる良かったのもあるけどね。
格安スマホでも使い勝手が1年前からすごく進歩しています。
2万円前半(キャンペーン等で2万円以下もあり)でこの
性能は、もう高級機種はいらないかもね。(言い過ぎ)

P9のカメラ性能も魅力的だけど、価格とカメラ焦点速度(これは
P9liteでもそうなんだけど)が少し遅い点を考えるとP9liteでも
いいかな。と思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿