2016年12月30日金曜日

今年の投資再開による年末結果と来年を考える。

20万で始めた残は、130万ちょいで終了。

1,アメリカ株は、25%にして下落しても継続して保有出来る心理的金額にして
保有継続。30万程なので10%下落でも3万マイナス程度なのでね。

2,日本株は、3月末決算期が多い企業対応として3月末までは
リスクをとっていく。
(去年と上昇下落銘柄は業種的に変化があると思う。)

投資歴は、25歳位から始めたのでもう30年近いわ。

インターネット証券が始まる前から店(和光証券)にて開設
インターネット・バブルもリーマンショックもその他もろもろの
波はリアルに経験してきた。(貴重な経験だと思う。)

信用を含めて(40歳頃から信用取引も開始)
トータル的には数千万勝っているのですが
それは、ほぼ自営業借金精算に当てました。

これだけ長い投資歴なので
億になるチャンスも数回ありましたが
その都度
マイルールの一つが該当して口座を一旦閉じることをしています。
(引き出しネット銀行口座へ振替)

「家業の大きな変動や家族の大きな病気等私生活に大きなマイナス面が
ある時は、取引をやめる。(持ち株も処分)」

一つは、オヤジの癌が見つかっての家業の変動
一つは、オヤジの死去による家業の精算

どちらも当時は、信用の現物2階建てもしていて(ダメダメだねぇ。(笑 )
数千万のポジションを維持してました。


口座を閉じて1ヶ月程度で、保有(信用含む)株が数倍に。
(一つは、最終的に10倍になった。)

で後悔しているかと言うとあまり後悔はしてません。
たぶん、億になってもすぐ大きな損失をだすだろうなぁ。
当時の投資姿勢とか
家業を儲けたお金で維持していただろうし
それによる二重のリスクに耐えられるとは思えない。
当時の自分の器には、あふれる金額だと思う。

じゃ今は?。
たぶん、数千万まではこれまでの経験と同じで
あまり変化は無いと思うけど
これがまた大きな金額になると
わからんねぇ。というのが実感。

人は、自分自身さえ、どういう人間か?。はわかっていないと
思う。
(それゆえ、他人の評価を基準にすると益々迷宮に入り込む。)

よく嫁と喧嘩した時
嫁から「器が小さいわ。」と言われるんだけど(爆笑
まっ。
器の小ささで家業も投資も生きてこれたと思っています。(ダメダメだねぇ。(笑 )

器を大きくする努力はしているんだけど
これが、なかなか大きくならないんですよ。
まっ。器が大きくなくても
選択する器が違うだけでも大きく人生は変るので
よく吟味して器を選んでいきたいと思います。

これからも、時々は投資関連も書こうと思うけど
このブログは個人的な家情報収集ブログだからなぁ。



0 件のコメント:

コメントを投稿