2016年12月18日日曜日

エコズーム使用テスト実感(第一テスト雨の日)

第一テスト
11/30
雨の日だが
工場内での燃焼テストを実行した。
(いくら広いと言っても室内なので、消火器と水入りバケツを用意。
蓋をして空気遮断するほうが消化は速い気がするが(笑 )

濡れている道路に落ちている松ぼっくりを
6個位投入
ダンボールを丸めて上口から縦に突っ込む
横の開け口の上下2箇所を開き
上口からチャッカマンにて火をつける。

松ぼっくり濡れているので
ダンボールに火がついても
煙だけが立ち昇る。(けむい。)

やがて火が本格的につく。
上昇気流にて火柱的に災うが立ち上る。
(ちょっとこれは、この勢いで立ち上がるなら
やっぱり室内では、周りはレンガなどの耐熱壁と
フード(ステンレス等)が必要ですね。)

燃焼時にダンボールの燃えカスが散る。
(木材のほうがいいね。)

勢いと火力は十二分。
燃えるまでの時間も短い。
使用する燃料材が少なくてもすぐお湯が沸く。

コンロ自体は案外熱くならない。

熾き火になった時点で、工場二階の引きこもり部屋へ
持ち込む。
(ハンドルを掴んでも熱くないので持ち運び可能)

熾き火が燃焼消火するまで部屋が暖かい。



0 件のコメント:

コメントを投稿