2016年11月6日日曜日

RemixOSの「Remix IO]をKickstarterでポチリました。

旧機種のRemix Mini が現在は
秋葉原では投げ売り(週末価格で3千円台で売られていた記事を発見)
Amazonでも処分売りが続いています。



テックウインドが日本の代理店なのですが
当初価格よりも大幅に値下げされています。
現在のAndroidOS5.1対応機種なので
十二分に使いではあります。
5,000円ならもう一台位欲しいなぁなんて思っていたんですが(笑
(この価格なら家で大きな液晶モニターでキーボードを使うなどでの
使用用途なら現在の機種購入でも十分活躍します。)
Kickstarterで新しい機種 Remix IOが購入募集されていました。
11月20日まで募集されています。(その後市販されるとは思いますが)

でポチリの理由を
1,現在のMiniのCPUではAndroid7.0へのアップグレードは無理
2,Googleと揉めていたが、別にGooglePlayストアアプリを
購入者がインストールするという手法で現在もAndroidアプリが使える。
(今後も使えると思う。)
3,テレビモードで大きく綺麗な画質でテレビ表示でYouTubeなどが
見れる。(AmazonTVやGooglecastを売って無い現状ではこれが一番
大きく見る手段)

4,ChromeOSとの親和性がRemixOSは高い。
5,本体のサイズ、形がminiディスクトップ型になって置きやすい。
6,タッチパネルモニター22インチを所有している。(使いやすい。)
機能比較表を下記に添付しておきます。

Appleのノート新機種や現状の使い方を考えると
ChromeOSで十二分なんですよねぇ。
だから
RemixOSでもすごく快適です。
価格も約1万5千円で入手可能ですから200万住宅Blog的です。
入手後レポートします。
(来年2017年05月頃)
参照
約1万円のAndroid 7.0ベースの小型PC「Remix IO」

0 件のコメント:

コメントを投稿