2016年11月30日水曜日

ペリーヌ物語はアウトドア自立少女の物語だ。(笑

嫁がカルピス劇場でどのアニメが好き。

突然、聞いてきた。
「ペリーヌ物語だな。(即答)」

「マニアックやなぁ。(笑 普通 アルプスの少女ハイジか、パトラッシュやろ?。」


どうしてペリーヌ物語かと言うと
主人公のペリーヌのアウトドア自立志向がすこぶるバックパッカーである
私に魅力的なのである。
旅の過程も次々両親が病に倒れ、過酷ではあるが
出会いもありまさしくバックパッキングの旅である。

そして200万住宅ブログ的な展開は旅の終着からである。

お爺さんが経営する織物工場で働きだしたが
1,給与が安い。
2,下宿先の部屋の環境が悪い。そのうえ宿賃が高い。
3,愛犬バロンを飼えない。(宿の庭に繋いでいたが、苦情やバロンに悪さする人
がいた。バロンも繋がれ可哀想。)


小さな池(湖)の辺りの狩猟小屋を見つけて
そこで暮らし始める。

靴をつくり、下着をつくり、鍋やジャムそして魚を釣る。
アウトドア自立少女である。おまけに美人である。(ハーフだからね。)
もう
私はイチコロである。(古い言葉だったわ。(笑 )

ストーリーで鮮明に覚えているのが小屋の生活シーンである。
すごく素敵な女性です。

参照

ペリーヌ物語 ストーリー


参照 200万住宅ブログが自立人生をひとつの指針とする理由

http://niyata2807.tumblr.com/post/153862537164/ぼくが自立しろということを学生にがみがみ言うのは一人で暮らした方が気楽であるとか誰にも依存しな



0 件のコメント:

コメントを投稿