2016年11月27日日曜日

キャンプや小さな小屋で使うストーブ(薪)を選ぶ

耐久性を考えるとエコズームなんだけど
(室内使用なら防火対策などは、別途考える必要があるんだけどね。)

カッコいいとか携帯性などを考えると
色々選択肢が出てくる。


200万住宅ブログ的ストーブを記録しておく。

1,灯油ランタンで人気のドイツブランドPetromaxからテント内にインストール可能なポータブル薪ストーブ登場

こちらの薪ストーブは、扉にはガラスはないタイプ
その分お値段が39,000円(税別)で日本でも入手可能。現在は、日本販売サイトに該当ページが無い状態なので問い合わせが必要。

2,テント内にインストール可能なポータブル薪ストーブが続々登場。冬のキャンプが癒し空間に

こちらは、キックスターターにて募集されていた1の進化版
特徴は、水タンクを付属させてお湯が沸かせることと扉半分が耐熱ガラスにて
テント内や小屋にほのかな灯りを提供出来る点。
日本でもいずれ売られると思う。
イギリス本国通貨日本円換算で42,162円(送料、税別)日本でも売られると
思うが価格は未定。

3,ホンマ製クッキングストーブ

アマゾン価格で8,605円(税別 プライム会員なら送料無料)
1番、安価で導入出来るストーブだと思います。
耐熱ガラスが扉についているので、灯りが必要な場合はこれを選択。


1から3どれも鉄製なので耐用年数は、長くても5−6年程度だと思います。
(メンテナンス、使う頻度で10年程度も可能かも)

3のホンマ製を5年単位位で買い換えて使うというのもコスト的にはありですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿