2016年10月6日木曜日

軽石で壁を構築する。(本当は地元の石がいいのだけど(笑 )

地元の石を使いたいけど(笑
地元の大島石は高級墓石として有名で密度が高い大理石なんで
重さが小さな砕石でも重いんですよねぇ。
(だから壁としては固定させないと地震などで無理。)


金網会社も近所に全国規模な会社(中小企業)なんだけど
あるので
依頼は可能だな。

中に入れる石は軽石を選択する。
その入手は、鹿児島の軽石が一番近くて安価だと思っているが
リサイクルガラスの再生石とか
園芸の軽石の大粒もありかなぁ。とも思う。
モノタロウ(ネット販売大手)やアイリスオーヤマで下記の商品がある。
60リットルでの価格なら壁も構築出来そうである。(笑
一応、ペンキをスプレー吹付けにて
赤、白、黒、茶系統を数色、青などを配分は白と茶系統を多くして
色付けして混ぜれば、なかなか素敵な壁になりそうである。
(ペイントするのは、軽石(ガラス再生石)の擦れによる微細なクズの
四散防止と壁としての雨に対応する為)

あかぎ園芸軽石大粒1,090円(税別)18リットル

アイリスオーヤマ防犯防草のジャリ2,780円(税別)60リットル
一袋で、1.5㎡に敷詰めることができます。
(※厚さ4cm程度、1㎡あたり約40Lを目安にご使用下さい。)








参照
Shoreham Beach House by ABIR Architects features gabion walls filled with beach pebbles

0 件のコメント:

コメントを投稿