2016年10月3日月曜日

もう数年すれば、壁はモニターにすればコストも下がるんじゃないの?。(笑

65インチでも横幅なんか窓くらいあるけど
100インチになると
俄然、壁に使えるサイズに近づく。

中国の家電業界なら大型指向なのでいずれ
100インチでも格安のモデルは出てくるだろう。

モニターは、等身大の人物が映るサイズまでなると
今までの使い方とは
大きく違ってくると思います。
そのサイズで家の壁にあると
本当に
世界が変わってくると思います。

パソコンも速度が速くなって可能になってきたことも多い。
バーチャルリアルティや人工音声などもそう。

まだまだ、期待出来ます。



これを
パラキシレンコーティングして、FIX窓と組み合わせて壁に設置する
水中で3ヶ月もパソコンで動くのだから
モニターも外に背面を出しておけば、放熱するし(電源やCPU部分)
場所もとらないし(スピーカーは天井などに設置)
いいと思うんですよねぇ。
おまけに壁の一部だから建築費も少しだけど節約できる。(笑



65型(インチ) 横幅143.64 縦幅80.90  対角線165.1 面積11,620.09
すべてcm
100型(インチ) 220.98 124.46 254 27,503.1


転記
65インチモデルのMi TV 3S。Cortex-A53(1.8GHz、クアッドコア)、Mali-T830で構成された64ビットプロセッサ「Amlogic T966」に2GB RAM/8GB eMMC、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0、H.265のハードウェアデコーダーを備えたモデルで、Samsung製の4Kパネルを採用しています。
HDR対応で9.9mmの薄型アルミボディ、ビルトイン4スピーカーを搭載。
ドルビー&DTSのハードウェアデコードにも対応し、お値段なんと4999人民元(約7万5500円)です。
サウンドバーにサブウーファー、ワイヤレスリアサラウンドスピーカーを備えたホームシアターエディションもラインナップされ、価格は5999人民元(約9万600円)。「たった1万5000円で仮想サラウンドではなく、リアルなリアスピーカー付きのホームシアターセットが付属する」というのは、なかなかとんでもないコストパフォーマンスではないでしょうか。55インチモデルは3499人民元(約5万2900円)で販売されます。
日本国内で販売されている55インチ4Kテレビの最安モデルが10万7800円、65インチモデルは27万1200円。

参照
65インチ、7.5万円!55インチでわずか5万円台、Xiaomiが破格の4Kテレビ「Mi TV 3S」

“水中で動く”コンピューター 進む「常識覆す研究」

0 件のコメント:

コメントを投稿