2016年10月19日水曜日

雨樋を無くす。(平屋だから大丈夫)

軒だけは、90センチ(北側)と120センチ(南側)を設ける。
東と西は、壁にて構築する。

雨の跳ね返りは、雨が落ちる地面に
白い砂利(丸石)
芝生
それらを敷き詰める面は、傾斜を家の外側に向けて敷き詰める。

これで多少の跳ね返りが家本体へ向くのを防ぐ。

また
土台(基礎)の高さを通常の建築(住宅)よりも高くする。
(テラスや渡り廊下や吹きねけは、基礎より一段高い位置とする。

また布基礎(防湿シート使用のコンクリート打ち放し)
太陽光ソーラーパネル(小型)付きの小型換気器にて
床下の換気(空気の流れ)を常に行う。

日本は、多湿地帯なので
湿気対策は、くどいくらいやっておいてもいいと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿