2016年9月25日日曜日

風呂とトイレを別棟につくる。

水回りで風呂とトイレを廊下やテラスを挟んで
別棟とする案を考えている。

なぜなら

1,オークション等の格安なマンションモデルルームの
ユニットバスを買って浴室を製作するうえで

(1)部品が足りないものがある。
解体しての再販売なので、シールやネジ等、再構築時に
必要なものの入手がない。

(2)基本、販売元や製造元は上記部品を売ってくれない。

(3)マニュアルの入手が難しい。

(4)専用工具が必要な場合がある。

(5)水漏れ等による修理や再構築の必要が出てくる可能性も
ある。(自分達での建築の場合は、特に)

(6)窓の位置、ドアの位置が決められていたり(既存商品だから)
片面のパネルが無かったり、ドアがない。などの場合がある。

(7)ダミー的な換気器具、リモコン、テレビなどがついている
場合も多い。

(8)パネルの破損などで格安の場合も多い。


これを処理する為なら別棟にして
1,ユニットバスへのアクセスを簡単にする。
(床下とか壁の一部が簡単に開く。入り込めやすまた解体や
構築後(ユニットバスを予め建築現場のテント下で製作後
リフトで取り付け)可能にする。など建築を用意にする。

2,水漏れ発生時に住宅(居宅の寝室や住居部分)に影響を
及ぼさない。


3,格安なオークション物に合わせた窓やドアに出来る。

と俄然、設計と施工時の自由&簡便さが良くなります。(笑

年取っての冬の入浴時の室内からの移動での温度差は
ちょっと注意が必要。
冬だけ窓や簡便な仕切りを設置出来るようにするのもひとつの方法。



0 件のコメント:

コメントを投稿