2016年5月6日金曜日

Remix miniを奨める理由(価格以外でね。)

Remix miniでこのBlogも書いているんですけどまっ。
Chromeブラウズ上ではインライン入力できないので
アプリのSimplenoteにて下書きしてからの入力です。

Remix miniの消費電力は、最大で15ワット 通常10ワットです。
1日8時間使って3.11円です。1ヶ月で93円=1年で1200円程です。
(15ワットで計算しているのでまっ。1年1,000円と考えてもいいかと思います。)

モニター(ディスプレイ)の消費電力が50ワットとすると(照明度を結構
落として使っていますから8割程度の消費としてもいいのですけどね。)
1日8時間使って10.36円です。1ヶ月で311円=1年で3700円程です。
まっ。1年3,500円と考えてもいいかと思います。
で、合計1年間=4,500円(1ヶ月400円と考えてもいいかと。)

ディスクトップパソコンの消費電力=50ワットから150ワット(一般のパソコン)
ノートパソコンの消費電力=20ワットから30ワット

それらと比べても格段に消費電力が少なく済みます。


起動は、ChromeOSよりも遅いのですが(それでもWindows程度)
私の使い方は、日曜など1日中起動させていますね。
途中でスリープ状態にもなるんですけど、再起動とかシャットダウンして
また起動させるよりも、いつでも使えるし、ほぼラジオアプリやYouTube
などをマルチで動かしているので部屋に音楽やニュースが流れています。

ノートパソコンにはディスプレイの消費電力を入れると負けますけど
画面の広さでの作業のやりやすさ。老眼になった身の文字の見やすさ。
マルチウィンドウでの並行作業&BGMなど利便性を考慮すると
消費電力差を入れてもノートパソコンよりもいいかなぁ。と思っています。
(ただ、Chromebookは、その点でも現時点では入力等の作業には一番のお勧めです。)

消費電力を考えてもRemix miniはお勧め出来るガジェットなのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿