2016年5月25日水曜日

400万円でセルフビルドした住宅は、どの程度のものか?。(アイルランド編)

ちなみに2012年の平均所得は、35700ユーロ(約460万円)ですから
2012年の日本の平均所得が414万円ですから
比較対照的には、物価(アイルランドは高い)アイルランドの持ち家率が80%という
ことを勘案すると、参考にはなるかと思います。


日本の家(住宅)と広さや設備にそんなに違いはないですね。

日本でも400万円レベルなら
この程度の家は建てられる(セルフビルド)出来るということです。

200万というのは、タイニーハウスクラスになりますけど(笑
400万の家=18坪程度の平屋(屋根裏や一部二階併用)


転記
建築家と妻とふたりの子供のための家は、600平方フィート(約55.74㎡)2階建て3ベッドルームの広さを持つ。木造住宅で耐候性を持った植物系材料でできたトタンを屋根や壁面に採用した。大豆を材料にした断熱材があたたかく家を包み込む。この家で使われている暖房は1.5キロワットの小型Dimplexのオイルヒーターだけだが、極寒のアイスランドの冬でも十分快適に過ごせる。






参照
脱住宅ローン!412万の資金で自分たちで家を建ててみた「€25K House Prototype」


DOMINIC STEVENS ARCHITECTS

0 件のコメント:

コメントを投稿