2016年3月17日木曜日

昔から使っていた和鋏(糸切りはさみ)の職人さん引退。

今の勤め先でも和鋏(糸切りはさみ)は工員に配布しているんだけど

私は
前から自分の工場で使っていた鋏を持参して使っています。


昨年、この和鋏をつくっていた職人さんが高齢で引退しました。
(徳島)

今は、研いで使えるんだけど
予備が欲しいんですが、手に入らないんですよねぇ。
息子さんは後を継がなかったんで
もう在庫も無いそうです。
廃業時に大量に買った(繊維関係者)人も多かったです。
いや
価格も安価でしたけど
それよりも切れ味がもう配布された大量生産の和鋏よりも
抜群に良かったんです。
研いで切れ味を維持する期間が長い。
(手持ちのは、刃先の一部が欠けちゃいましたけどね。)

そりゃ。お金を出せば今でもいい和鋏は多くあるんですけど
(だいたい5千円位)
一般家庭なら一生もんですけどね。

私の鋏は、2千円以下だった記憶がある。

普段使いで良いレベルの製品(生活用品)は
割りと高齢者の職人が作っていることが多いから
ほんと、早めにいい製品(価格も安価)で普段使いの物は
手に入れておかないとなぁ。と思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿