2015年10月3日土曜日

田舎に暮らすというのは。

何処まで自分でやるか?。ということ。

家=建てます。修理します。

食=育てます。狩り(釣り)します。物々交換します。

車=運転します。(運転できなくなったら病院入ります。)

教=進学諦めます。または、進学して就職し地元には帰りません。

金=地方公務員めざします。JA(農協)入ります。または、低賃金でも
パチンコしません。外食しません。

地域=お祭り参加します。(または、お金出します。)部落の清掃活動
参加します。挨拶します。昼間出歩きません。


これくらいかなぁ。(笑
結構、サバイバルでしょう?。

人が多い都会というのは、それだけ色々な多種多様な人が生きれる環境
にあるということ。
(ホームレスなんて田舎じゃ死にます。ホストやゲイバーなど即潰れます。)
田舎で暮らすことを憧れみたいにネットや政府広報など
書いているけど
それは、田舎で暮らすことが厳しいから良いことだと宣伝しないと
いけないからであって、本当に暮らしやすいなら田舎にもほっといても
人は来るんですよ。


ここで書いている田舎とは、過疎地域や地方中核都市まで一時間以上
車での移動距離がかかる地域のことです。

地方中核都市の判断は、今なら映画館があって、大きな拠点病院が
あって、飲み屋と代行運転業者が存在し
全国チェーン展開の小売り(例えばユニクロ)の大型店が
存在して成り立っている都市と私は基準にしてます。

0 件のコメント:

コメントを投稿