2015年8月29日土曜日

バックパッカーお奨め映画「わたしに会うまでの1600キロ」

プロフィールの詳細プロフィールを表示で
バックパッカー(13歳よりの旅人)と書いている。

1976/3/20発刊の


1962年が私の誕生年で当時13歳であるが、初版本を入手して
バラバラになりながらも今も手元にある。

この本でバックパッカーのすべてを学んだようなものだ。
寝袋(羽毛)ダウンベスト、ダウンジャケット、フレームザック
コッヘル等々。当時はアウトドア専門店もなく
通信販売で上野から米軍払い下げの品を入手した。

そして
今でも私のスタイルは、フレームザックである。
これだけは、譲れないスタイルだ。
(幾ら軽量化が叫ばれてもバックパッカーはフレームザックだぁ!。)

バックパッカーが読む本での推奨本や映画は、今後紹介するけど
今夏、公開された映画を今回紹介しておく。
「わたしに会うまでの1600キロ」


参照 「わたしに会うまでの1600キロ」オフィシャルサイト

人生は旅だ。というのが私の生き方なんだけど(笑
四国に住んで春、秋に特に四国遍路巡礼者を幼い頃から見ていると
人は、背負った心の重荷を歩き、ただ歩き、少しづつ軽くしているんだろうなぁ。
と旅する人を見ている。

旅する。それも徒歩で何日も
もし、逃げ出したいほどの苦しみや現状があるなら
旅をお奨めする。それもひとりで徒歩で。

PS.愛媛での上映予定が無いんだよなぁ。(笑 アマゾンかGoogleビデオなどで
ビデオネット配信が始まったら観よう。(愛媛の上映も今後あるかもと期待。)

0 件のコメント:

コメントを投稿