2015年7月30日木曜日

ジーパンはどこで買うか?。(ユニクロ失速か!?)

まっ。失速してもユニクロは、立て直す力がありますし
経営が実質まだ現会長(創業者)柳井氏である限りは
大きな変化にも対応する力と速さはあると思う。

インフレへと転換してきている経済だけど
まだ賃金までには波及してきていない状態。

ジーパンとトレーナーなどの定番の服にかける
お金(金額)は自ずと決まってくる。


筆者もユニクロのジーンズに4990円支払うなら、エドウインの値下がり品か、ラングラーの定価商品を買う。

同意である。
ユニクロのジーンズは、縫製などもしっかりしている。
(ただ生地が結構、価格や市場価格変動などで年によって変わってくる。)

3,000円までだろう。(私が出せる金額ね。)


例えば
ロゴなどが無い無地的なトレーナーやシャツ、ジーパンなど定番的な
普段着なら
アイテムと色を絞り、デザインは変化させずに売る。
(初期のユニクロは、色展開だけは多色で変化させた。)
これで価格はユニクロ以下だが
質が妥当=価格は安価
なら売れると思うよ。
(だからGUというブランドを別展開したんだろう。だが、品質も価格なりだからね。)

AppleのiPodtouchを買い換えたが
改めてiPhoneの価格を見るともう手を出したいと思う価格ではない。
(高くなりすぎたと思う。)

iPadの12インチが出たら欲しいけど
それでもAndroidタブレットで12インチでメモリ容量が多く
価格がiPadよりも格段に安ければ
そちらの方を今なら購入すると思う。

ホント、価格設定は難しいなぁ。と思っている。

参照
ユニクロは本当に失速しているのか?

0 件のコメント:

コメントを投稿