2015年6月14日日曜日

行政の非効率は、人員の配置(部門別の人数)の歪みが原因なんだと思う。

自転車の道路法改正で、
自転車でも講習の義務付け(違反者)や反則金の納付となるんですけど

じゃ、過去と比べて自転車事故は増えているか?。というと
そうでもない。
ただ、報道が増えていたり(自転車による死亡事故など過去
報道してないよね。)
自転車での健康ブームが来ていたりして
目立つんですよね。


それを巧妙に利用するのが、官僚組織
自分達の権限が及ぶ領域の拡大と組織拡大が一番の目的。

交通事故での死亡者数は、激減しているんですよ。
まっ。人口の構成年齢変化や高速道路網の普及もある。

治安維持への配転が進むのかと思うと
さにあらず
交通警察部門の人数を維持するために
仕事を増やすという方向なんですね。

また
農政もこの組織構成から見ると
部門の歪みが見られます。
(過去、農業統計官の多さが指摘され、幾分か配置転換されました。)

もっと大胆に政治(立法府)が現状の変化に対応して
行政の構成を変えれば良いのですけど
難しいんでしょうねぇ。(人間関係とかでね。)

社会保険庁なんかも思い切って税務(財務省)管轄にすれば
効率よくまた、プライバシーの面でももっと安全になると思うんだけどねぇ。

0 件のコメント:

コメントを投稿