2015年6月30日火曜日

仮店舗や一定期間限定ショップのネットでのマッチングサービス(国内)が始まった。

200万住宅的行商計画でも大いにきょうみある。
スペース(店)の一時借りのマッチングサービスが日本でも始まった。

ネットは、このマッチング(需要と供給)にぴったりなんだね。
それも極めて小さな市場でも
ネットでなら、運営出来る(それも全国レベル(世界))んだね。

Ape50での行商では、Ape50が一時的に滞在出来るスペースで
いいから借りたいわ。(笑
駐車場の時間借りでも都会なら良いんだけど。

店だけでなくて、会議室とか、はたまた仮眠室とかの需要もあると
思う。
こういった商売(マッチング)が成り立つのが今の時代だ。

「軒先ビジネス」にも興味あり。




転記
ポップアップショップというものをご存じだろうか? 空き店舗や普段は何もないスペースに一定期間限定で出店する仮店舗のこと。今までになかった場所に店舗を出すことで、商品やサービスの認知を高めたり、ユーザーとより密な関係を作ったりできるというものだ。

参照
フリークアウト1号社員が立ち上げたのはポップアップショップのマッチングサービス「SHOPCOUNTER」

SHOPCOUNTER

「軒先ビジネス」

0 件のコメント:

コメントを投稿