2015年5月22日金曜日

どれ位の預貯金が必要か?。(チェンジするまでの期間はどれ位か?。)

自営業の工場(法人)を精算中なんだけど
人生で、失業や病気、止む得ぬ引っ越し、一時的に大きく抱える借金
などに対して
預貯金は、どれ位あれば、急場をしのぎ立ち直るまでの時間を稼げるか?。

生活維持という面から、今までの対応や相手との交渉、求職ー就職まで
の点から思ったことを記録しておきます。

失意とかどん底から、幾らかでも灯りのある方向へ向かうには

時間=半年(6ヶ月)程度は必要だと感じました。
特に交渉事は相手の都合や思惑そして相手の立場(企業内)もあるので
こちらの思惑や時間(予定)通りには行かないと思っていたほうがいい。


それでも、相手が企業(銀行等の金融機関を含む。)なら半期とか決算という
時間的制限を相手も意識する。

また
就職活動でも一社応募後、回答待ちで1−2週間は有に時間がかかる。
複数並行で受けるというのあるが、条件面等で難しい面も多い。

早く就職するに越したことはないが、景気変動や友人知人への無職通知(笑
の浸透などを考えると3−6ヶ月は必要。

となると
最低生活維持費が月20万とすれば6ヶ月で120万である。
思わぬ費用も発生する。
例えば
安価な携帯への変更でも解約料が必要だったり、前年の収入に対する諸税金
の納付や車や家の修理の発生。冠婚葬祭の発生。などである。
これも120万の中でやりくり出来ればいいのだが
予備として30万程度を考えておく。

そう、必要預貯金は、最低限で150万である。

これ以上は持病とか通院などがなければ保険などでカバー出来るから
借金の返済に当てたり、将来(老後とか子供の進学)の蓄えとしておく位でいい。

預貯金が0の世帯が増えているが
人生の生活の変動から考えると150万位の預貯金を確保し、他は投資でも
借金を減らすという方向の方がいいかと
私の経験から判断している。

0 件のコメント:

コメントを投稿