2014年11月13日木曜日

当地の空き家の現状を探る。

私が住んでいる愛媛の今治での空き家の現状を広報で知ったので
記録しておく。

今治市の空き家戸数は13740戸
総住宅戸数に対する割合は16.6%
空き家に対する苦情件数(市役所)25年度27件
空き家等対策の推進に関する特別措置法案の成立後
市の条例制定を予定。

問題は、固定資産税なんですよね。(基本)
でも、いずれ
人が住まない家とかへの固定資産税は、逆に高くなるかもしれない。
(一定の周知期間と減税期間を設けて
取り壊しなら猶予期間を設定するとかして、空き家を減らす。)

200万住宅Blog的には、廃棄建材で流用性がある明治から昭和初期までの
家(日本家屋)には興味が出ている。
戦後から高度経済成長期の家は、あまり魅力的な廃材がないなぁ。
(廃棄物の方が多い。)

0 件のコメント:

コメントを投稿