2014年11月23日日曜日

建築家は、家を作品と言う。

だから、建築家の建てた家は、
住居じゃなくて、彫刻みたいな作品なんだよ。
ということは、
見栄えが一番。(見てくれが基準)
ということが多々ある。

幾つかの住宅番組の改築された家なども
裁判になったりしている。
また
住宅雑誌に掲載された家でも
その家が原因で離婚とか、掲載後オフレコで
「次の目標は、住みやすい家です。」(某公営競技選手)
言ったりしている。(笑

また
作品なんだけど、日常に住む人がいるから
人の都合で、すごくいい建築(住宅)でも築数年で
壊されているものもある。
(私の好きな住宅も今は無いというのが現代住宅ではある。)

まっ。時の流れに身を任せる人生だから(爆笑
それは、それなんだけど
先生と呼ばれる職業の負の部分はどの先生部門でもあるよねぇ。

0 件のコメント:

コメントを投稿