2014年11月17日月曜日

食器と鍋釜(炊事道具)は、どれくらい必要か?。

日本の収納が大きなサイズ必要なのは
四季があり、衣替えが必要。
本や雑誌など紙の消費量が世界有数。
多彩な商品群が常に消費者へ供給&CMによっての需要喚起があり消費される。
個人の持ち物が多い。(個人所有=シェアという文化の前)
自動車の普及率の高さ。
食の文化が取り込み型なので、中華、和食、洋食、エスニックと多彩。
それによる炊事道具や鍋、皿の数も増える。
という点がある。
小さな住宅に住むには、適切な道具数や所有物という量のレベルを
管理しないとなぁ。
これから、炊事道具も選定していく。


0 件のコメント:

コメントを投稿