2014年10月2日木曜日

日産リーフを家の発電所とする。(家庭に日産販売店やコンビニから電気を運ぶ。)その壱

日産の目的は、車(EV)の普及ですけど
200万住宅Blogは、もう家に電線を引かずに生活出来ないか?。という視点で
考えます。
月=3,000円で、ガソリン代をEVにてカット。そして家の電気代もカット。と
するというのは、可能か?。


車=リーフ(日産)の他に
EVパワーステーションの導入には国の補助金 最大24万円が適用されます。
国の補助金を最大限活用した場合、実質的なご負担額は34.3万円(参考価格)
が必要です。

これで、月1万円程度の家庭電気料金を削減したらほぼ3年でパワーステーション
導入費が償却出来ます。(単純計算)


転記
「スタンダードプラン」は3,000円と費用は倍以上なるが、日産販売店のほか、高速道路やコンビニエンスストア、道の駅などでの急速充電器も含まれ、約4100基(同)が使い放題になる。
新プランでは使用可能な急速充電器が大幅に増えるほか、5年間分の車検・点検、緊急時のレッカー対応など現行プランでのサービスは共通で使える。

参照
リーフが家庭用電源に
日産、高速道路などでEVの急速充電器使い放題プランを新設

0 件のコメント:

コメントを投稿