2014年10月14日火曜日

車の進化ほど家は進化(進歩)してないなぁ。

INAXの社長が「自動車に車検があるんだから家にも家検(家の検査)をつくれよ。」
と吠えていますが、官僚からしたら大喜び。
検査の天下り法人なんかが、ばかすか設立できるからねぇ。
まっ
それは、業界的発言なんですけど
(言っときますけど、私。建築業者でも建築家でも設計事務所の者でも
ございません。よくlivedoorBlogの時代に間違えられましたけど。ど素人です。)
私から見て
個体性能的に家は進歩(進化)してないんじゃないの?。と
思っています。(いや、進歩しているけど車と比べたら遅い。)
トイレなんかは、もうすごい進歩ですけどね。
キッチンに関しては、まだまだなぁ。(食洗機やレンジなども付属として
進歩はしてるけど)
特に給水口(蛇口)の機能はもっと風呂のシャワー的に進歩出来るんじゃないの?。
温風機能もサイドにつけて、皿洗いながら乾燥させるとか
自動食洗機よりもニーズがあると思うのよ。
音(騒音)についても
車のエンジン(ガソリン&ディーゼル)音を車内で高級車なら
感じられないですよね。
そして、あのエンジンルームの高温も車内では全然感じない。
あの至近距離で薄い隔壁だけで、すごい防音性能じゃないですか!。
また、オイルの伝達とかガソリンの給油(エンジン部分への)すごく的確で
複雑なラインを流れていますよね。
これて、冷暖房や給排水に応用可能だと思うんですよ。

トヨタなんかは、家もグループ企業で造っているけど
それは、利益目線しか見えなくて
(関連企業の従業員など入れたら、そこだけで家の需要を満たす戸数というのは
魅力的な市場規模ですよね。)
もっと
機能的な家を造れる。と思うんですよ。
パナソニックが家のトータル的なナビゲーションを目指しているけど
そこより
冷蔵庫の断熱材の薄くて高機能なものをもっと家の断熱材として普及させてもらいたい。
(製品としてあるのだが、お値段高過ぎ。
おまけにパナソニックでは作って売ってない。一般建材としてね。)

それらの点をもっと進化させてくれると
家は
もっと薄くそして丈夫で軽くなる。
それは、日本企業が得意とする方向性だと思う。
小さくというのもあるけど、まっ。家だからそれは横に置いといて
わたしに任せて(笑

これ、欲しいけど家が建つわ。それも私の200万住宅なら数軒以上(爆笑


参照
ヘルキャット級のEV登場。テスラ、モデルS新型Dのすごさまとめ

0 件のコメント:

コメントを投稿