2014年10月12日日曜日

屋根裏風のベッドルームは、抜けで広くする。

 壁が黒い場合ちょっと狭く感じることが多い。
ベッドルームの壁の高さも低い(屋根裏風)
一階からの昇降にはしごを使っている。
サイドの吹き抜けの一部にネットと強化ガラスにて
視線を抜けさせ広さを感じさせている。
ネットは、落下防止になる。
強化ガラスの片方が気になるが収納がある可能性も高い。
落下防止にフレームとか棚で視線を妨げることがない。



0 件のコメント:

コメントを投稿