2018年4月15日日曜日

住宅宿泊事業法の6月15日施行にて民泊撤退相次ぐ。(逆にわての場合は狙い目か?。)

速く動くものほど、失敗も多いが成功も多い。(常にトライ・アンド・エラーから学ぶ。)
というのも民泊にも当てはまるなぁ。
建物(マンションやアパート)を借りて(一室でも)の民泊経営とかは
この新法でほぼダメですね。
事業者180日ルールで採算とれるのは自己所有物件オーナーのみ。)

在日中国人や在韓人や不動産投資家は、ほぼ撤退中ですね。

が(笑
わての場合
持て余し気味の工場跡地と工場を工場の鉄骨を利用して
小規模な平屋の住宅(小屋より少し大きく)を再構築する。
(完全に壊さない。固定資産税を睨み。)

そこを民泊に利用する。(普段は、自分の引きこもり小屋として活用)
とすると
結構狙い目であり、あてにしない臨時収入があればそれも良しという考えも
あるかなぁ。

問題は、需要があるか?。(今の場所が市内から20分程度離れている。
近隣の駅から5分(どちらも車での移動時間)高速インターからは、10分程度)

2年に一回程度あるサイクリングしまなみ(高速道路自転車走行)なら
市内の宿泊所は、ほぼ埋まる。とか船関連のバリシップも2年に一回あるから
そういう時期なら宿泊者はいるかも。
そこから、しまなみ海道利用者やお遍路利用者等を確保していくと良いかも。

車も工場を再改築(構築)すると駐車場も車3−4台は駐車可能になるから。
これは、一考する余地ありと思っています。
まっ。
小屋も自分で作りたいから(馬鹿)出来た頃は需要が無いとか法律改定なんか
もあってダメかもしれんけどね。

参照
「民泊撤退にて家具家電セット!」 ジモティーで目立つ中古品投稿 東京、大阪、京都、福岡…… 民泊新法施行控え、「まとめて1万5000円」など格安情報も

【解説】民泊新法ガイドライン、必ず知っておきたい35の重要ポイント 管理業務再委託はOK? 受入拒否はNG? 非常用照明は必要? 対面確認は必須?

0 件のコメント:

コメントを投稿