2018年3月31日土曜日

Twitterを制限された。(タンブラーのリブログをTweetに流す機能の中で、、)

それも数年前のリブログのTumblrの記録された数文字(単語)
が該当

参照

問題の詳細
ご利用のアカウントはTwitterルールに違反していることが確認されたため、一時的に機能が制限されています。この状態でもTwitterを参照できますが、ダイレクトメッセージを送信できるのはフォロワーのみです。ツイート、リツイート、いいねはできません。次の期間、Twitterの機能が制限されます:

大体、6時間程の時間が表示で、その前にTweet削除の為に
登録していたスマホの電話番号にショートメールにて本人確認
その後、Tweet削除。それ移行も制限時間までは、機能停止。

まっ。リブログのTweetみたら
確かに、やばい単語が数単語あったわ。(文章として)

Tumblr内のリブログだけに制限してTweetとの連携を切ろうか?。と
検討中
(Tumblr内の閉じた空間も必要だし、制限された単語も文章そして
ひとつの大きな作品として見ると引用だから制限する必要は無いと思った。)

まっ。ネットが道路とか広場になったので、発言等は注意が必要ということ。
ただ、行き過ぎると「言葉遊び」や「言葉狩り」が主となり背景の差別問題等
の根本から外れる可能性も高いよねぇ。

今後のTweet、リブログ、ブログ書くうえでの注意ポイントなので
記録しておく。
(Googleも最近検索で、Googleの意図する検索結果を上位検査結果に
持ってくるようになったので、深く探る場合は、他の検索サイトも利用したり
発言者の公式サイトやブログを読む作業も必要。(事実の確認))

0 件のコメント:

コメントを投稿