2017年12月23日土曜日

船に住む。(「前200万で家を建てようと思った。」ブログにも書いていたけど。(笑

Tweetで素敵なTweetを見つけたので記録しておく。
(200万住宅ブログ的な素敵なTweet)
船(ヨット)で暮らす。は、200万円で家を建てようと思ったブログに
書いたことがある。
当時は、マンションバブルで東京の地価が高くなっていた頃
それなら、東京の内港のヨットハーバーに係留して通勤するほうが
楽じゃないという趣旨で書いた。
(おまけに休日は社内の受付の美女でも誘ってクルージングしちゃって
とか、転勤も港が多い日本ならどこへでも自宅(ヨット)持っていける
よね。とか書いていた。(笑 )

そうか、タダでも手に入りやすくなるヨットかぁ。
別に港に置かないでも田舎の土地に置いて、書斎として使ってもいいなぁ。


追記
 「今の『ヨット世代』は体力的に乗れなくなる時期。タダで船くれるなんて話もゴロゴロ」…ジャンル全体の老齢化について

追記
瀬戸内では、島嶼部でも郵便配達員などは、常時募集している。
まっ。郵便局の長期契約社員がブラックかどうかは、迷うところだけど(笑
たぶん、3月以降の郵パックの値上げにより今後政府の賃上げ目標等や
労働人口不足があるから労働環境や賃金等は、改善されると思う。

今年の年賀状と共に契約社員募集のチラシが入っていた。(笑
フォトを撮ったので掲載しておく。
島嶼部で、船を停泊させて郵便局契約社員として働く。ってのも
いいかもと思うよ。(人口10万前後の街には、島から船で1時間もあれば
数カ所移動できる範囲である。)




0 件のコメント:

コメントを投稿