2017年10月5日木曜日

LINEのAIスピーカーを注文しました。(なぜGoogle HomeやAmazon Echoでなかったのか?。)

先程、発売記念キャンペーンとしての
本体とLINE MUSICの12か月分がセットで1万2800円を発注決済しました。



AIスピーカー購入した理由(それもLINEな理由)

1,嫁のスマホの利用頻度一番アプリがLINEです。

これだけです。(笑 

アメリカでのAIスピーカー使用実態は、ほぼ音楽か、天気予報、ニュース、時刻(タイマー)での使用です。

転記
メッセージアプリのLINEとも連携。LINEのメッセージを音声で読み上げたり、声だけでメッセージを送信することも可能です。なお「プライバシーに配慮して」(舛田氏)、Clova WAVEが読み上げるメッセージは「家族アカウント」に登録したユーザーのメッセージに限定。リビングでプライベートなメッセージが大音量で読み上げられるといった事態を防げるといいます。

音声入力についてどれ位の変換効率があるかは、まだ疑問ですが
(Google並でいて欲しい。)
Google音声入力は昨年から飛躍的に変換効率が上がっている感がします。
また、翻訳機能も最近、なかなかのレベルになってきていると思います。

自分が使うだけならGoogle Home選択となると思うんですが
(Google Home Mini(6,000円)は、購入するかも)



ラインのメッセージ対応の
音声返信と音声読み上げこの機能だけで
嫁との相互連絡が簡単になる。という利点があります。
後の機能は、どれもほぼ同じことが出来る。

ただ、AI応答(質問とか会話)については
Googleが抜きん出ている感がある。(日々進歩している。アップルのはイマイチ)
これに翻訳機能も高くなると
Google選択という視点も高くなると思う。
(どれだけLINEが追いつけるか?。または、提携(将来)する可能性もある。)

LINE MUSICは、12ヶ月後解約となるので、Googleカレンダーにしっかりと
登録しておかないとなぁ。

設置場所=リビングダイニング(ここにて、タイマーセットやエアコンやテレビ
操作可能)妻が外出時またはパート時には、引きこもり部屋へ持参




参照
LINEのAIスピーカーClova WAVE、正式版が1万2800円で発売。グーグルとの違いは?

アマゾン、Alexaを年内に国内展開。Echoは事前申し込み招待制で販売

グーグルAIスピーカー国内価格、Google Home 1万4000円、Google Home Mini 6000円。対応サービス発表

0 件のコメント:

コメントを投稿