2017年3月5日日曜日

時計を買った。(自分用は30年振り)バンドは後日買う。

仕事柄時計はしない。
糸がひっかかったりするから。
服も黒系統(濃い青なども含む。)の長袖を私は選んでいる。
糸は、白系(生成りやホワイト)が多いので
糸の細さに対してはっきりとわかるからだ。
長袖は、汗や汚れが生地につかないようにのためだ。


それでも
時計を買った。
妻との外出時やちょっと気取って出かけたい服に
合わせて着用するためだ。

で買ったのは、下の2点


Amazonポイントを差し引いた実質購入価格は2本で1,698円である。
(時計一本=900円以下)

文字盤に数字が無いのがメンズ。数字があるのがレディス。

革(たぶん合成)は、付け替える予定である。

バンド革の購入予算は、1本1万円以内である。
1本=900円以下の時計本体に1万円以内のバンドである。

なぜ
今、時計かというと
「落ち着きのない50代」とか「しゃべくり50代」とか
嫁に言われる私だけど
それでも「年齢に応じたTPOのに必要性」という場面が
冠婚葬祭や卒業学年統一同窓会等が出て来る年齢になったと
ちょっと自覚したから(爆笑 今かい!。遅いよ!。とか
言われそうだが
それでも気づいた時に少しだけでも行動しておく。というのは
今までの人生で学んだことのひとつ。

そして、その年齢に応じたTPOの目指す先とは

当ブログ記事
エレガンスとは何か?。(200万住宅が目指していることとは)

として書いている。
想定目標人物は「白洲次郎」氏である。

時計バンドを探す為に
時計バンドのサイトを記録しておく。

参照
腕時計ベルトのおすすめブランド5選

0 件のコメント:

コメントを投稿